夢占い

祭の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】祭の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

日本の祭は、古来より神仏を敬い感謝する宗教的な行事として各地でとりおこなわれてきましたが、夢の中でも神事に関わるものとして吉夢となることが多くあります。特に吉報をもたらすありがたい前触れとなります。
祭に欠かせない神輿は、担げば周囲との協調によって成し遂げる喜びとなり、自ら神輿に乗れば上昇気流に乗るような幸運が訪れます。金運、仕事運、対人運全てにおいて功を成すといわれるまさに神がかり的な幸運となります。
山車に参加するのも社会に貢献する良い兆しです。厳かに響き渡る笛太鼓は気分の高揚を表しており、これから身に起こるであろう人生のイベントにふさわしく、心地良い音色として耳に入るでしょう。
屋台に出店して大盛況する夢は、新しい事業を初めて成功を収める可能性があることを示唆しています。計画があれば実行するチャンスが巡ってきています。

祭の夢を見る心理的な背景とは?

心躍って、気分も盛り上がり楽しい気分にさせてくれる祭の夢は、実生活においてもハイテンションの状態が見られます。祭の前日に嬉しくてなかなか寝付けなかった経験がありませんか。
これから起こるであろう未来の出来事にワクワクさせられる楽しい夢は期待感を与えます。あまり浮かれすぎると空回りしてしまうので気をつけましょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し祭の夢を見るときは、かなり強く運気が上がっていくことを意味していることが多いのですが、それだけに周りから浮いてしまわないよう注意して下さい。せっかくの吉報ですからチャンスを逃さず、上手く乗るようにしましょう。
祭は一人では行えません。大勢の人々が協力し合って成り立つものです。くれぐれも周りへの感謝を忘れず、幸運を享受して下さい。

RELATED POST