夢占い

虹の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】虹の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

青く広がる空に見つけたら、消えないうちに願い事をする、幸運の象徴そのままの虹を夢で見ると希望を表し吉夢となります。
七色の美しい虹は無限の可能性を秘めており、それを叶えてくれるとてもラッキーな夢です。
あなたにはまだ自分自身でも気づいていない才能が眠っているかも知れません。また常日頃、心の中で密かに思い描いていた願いが叶うこともあり得るでしょう。いずれにせよ未来に大きな幸運の訪れが期待できます。
この機会にぜひ、自分探しをおすすめします。夢の中の虹が導いてくれます。本当に何がしたいのか、何を願うのか、よく考えて下さい。もし雨上がりの虹であれば、今抱えている問題が解決の方向へ向かう兆しとなりますので、安心して下さい。

虹の夢を見る心理的な背景とは?

人はそれぞれ可能性を多く持ち合わせていますが、それら全てが開花するわけではありません。虹の夢を見るのは、自覚していない才能、可能性に気づくためです。また心の奥深く眠っている願いを解き放つ時期が来ている証ともとれます。
内面のパワーが引き出されるイメージです。そして虹は無限にそこに存在しているのではありません。今この瞬間にその姿を見せてくれているのです。チャンスを逃さず、このタイミングで希望を叶えるようメッセージを送っています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し何度も虹の夢を見る、なんて幸運なことでしょう。もう十分に機は熟していますから、願いを叶えるために行動しましょう。もちろん恋愛もしかり、チャンスが巡ってきているので、自信を持ってアプローチして下さい。
二重にかかっている虹なら最強の運が味方してくれています。消えないうちに素早く願いを叶えて下さい。この夢は短期勝負となることを忘れないようにして下さい。

RELATED POST