夢占い

タバコの夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】タバコの夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

揺らめく煙の向こうに見えるタバコは大人のイメージですが、夢の中では行き詰まった現状に一服して放心状態といったところでしょうか、凶夢となります。努力しても報われない、やるせない気持ちを反映しています。
これから良くない事が起こるというよりも、八方塞がりに陥って立ち尽くしている今を表しています。喫煙経験者なら、心身の疲れを癒やす一服でしょうし、嫌煙者なら居心地の良くない場所です。
主に大人になってから見る夢ですが、まれに未成年者が見ることがあります。悪い事への憧れ、興味を持ったりする時期には気をつけましょう。身体に良くないと判っていて試そうとするのは後ろめたい何かがあるということです。
自分ではなく他の人が吸うのを見る夢は、相手によります。好意を持っている異性なら、頼もしさ、魅力を感じている証拠です。良い印象を受けない相手なら、トラブル発生の予感です。

タバコの夢を見る心理的な背景とは?

タバコの夢を見たら、疲れがたまって取れない閉塞的な状態にあるかも知れません。努力はしているが成果が出ない、報われないことによる脱力感に支配されています。他に打つ手が見当たらず、代わりにタバコに火をつけて口にくわえ、心を落ち着かせようとしています。
窮状から抜け出すために策を練ろうと考えています。まず頭の中を空っぽにして体制を立て直すための行動を起こす一歩手前に立っているのです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返しタバコの夢を見るのは、なかなか今の状態から抜け出せないことへの苛立ちが込められています。何本も吸っていてじっと同じ場所にいるのなら、長く停滞しています。誰かにタバコをもらって吸う夢を見たら思わぬ助け船が現れる暗示です。
解決策が見つかるかも知れません。出口が近づいています。禁煙中の人が何度もこの夢見るのは、単に我慢している事の表れなので心配いりません。一旦タバコをやめた人は要注意、悪い誘惑に気をつけましょう。

RELATED POST