夢占い

嫉妬の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】嫉妬の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢の中で誰かに対して嫉妬心を抱くのはあまり楽しいものではありませんが、現実と同じように相手を妬んでいることに変わりなく、凶夢といえます。自分ではなく他の人が幸せだったり成功するのが許せないのは、納得出来ないからです。
今の境遇に満足していなくてその処遇に対してこんなはずではないと不満をため込んでいるのです。本来ならその地位を得られるのは自分であったのに、そう考えるとその歪みに耐えられないのでしょう。
そのギャップに苦しみ、夢の中でも嫉妬で身を焦がしてしまうのです。それほど内にエネルギーを秘めている証です。自制心で心をコントロールしていても、眠りにつくと無意識のうちに夢で解き放たれているといえます。

嫉妬の夢を見る心理的な背景とは?

現状に満足できていなくて、しかも理想の自分に近い人が周りにいて、その存在に苦しめられている状態にあります。嫉妬なんてみっともない、理性で判っていても、それだけでは解決するものではなく、夢で嫉妬してしまいます。
心穏やかにならない状況下で、現実逃避しています。反対に嫉妬される夢は、まさに周りから羨ましがられるような恵まれた環境にあるので、反感を買うことがないよう控えめにする方が良いかも知れません。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し嫉妬する夢を見てしまうのは、かなりフラストレーションが強くなってきている警告ととらえるべきでしょう。あまり健全な睡眠を得ているとは言い難く、疲れがたまってしまいます。
負のエネルギーが大きくなっているので、ポジティブにとらえて、切り替えましょう。夢の中でライバルがどのように行動しているか観察してみて下さい。自分との違いに気づいたら、どう取り入れたら良いか考えましょう。
今度はあなたが主役になるチャンスです。

RELATED POST