誕生日占い

8月3日生まれの誕生日占い|性格・特徴・恋愛傾向まとめ

<h2>8月3日生まれの性格や特徴「強い直観力を持つ芸術肌」</h2>

8月3日生まれは、想像力が豊かで、ひらめきに溢れる芸術肌の人です。直感的に物ごとの本質を捉えることができるため、しばしば突拍子のない発言で友人を驚かせてしまうこともあるでしょう。
人によっては、非常識と言われることもあるかもしれません。しかし、8月3日生まれの、常識にとらわれない自由な発想は、しばしば所属するグループや会社を良い方向に導くことでしょう。

洞察力にも優れており、他者の小さな表情の変化など、他の人が気づかないような繊細な違いに気づくことが多くあります。

感受性のアンテナも敏感で、面白いものや美しいものに対して、他の人よりも一層深い感銘を受けることがあります。共感覚も兼ね備えていて、友人などが落ち込んでいると、つい自分も一緒になって落ち込んでしまう性質を持ちます。
しかし、その一方で喜んでいる人を見ただけで、不思議と幸せになれる優しい人です。

何かを創造する能力にも長けており、アーティストとしての才能に恵まれています。アーティスト以外には、研究者や学者といった、一つのことを探求する職業に高い適性を示すでしょう。
また、職業選択においては、お金よりも精神的な充足を重視する傾向にあります。

自分だけが気持ちよくなることよりも、自分の才能でたくさんの人々が幸せになることを優先するような、温厚で調和的な性格をしています。

直観力が強く、個性的な8月3日生まれは、集団行動があまり得意ではありません。ただし、自身の個性を周りが許容してくれる環境なら、強固な人間関係を築くことができるはず。
その場合、8月3日生まれは、縁の下の力持ちとして、密かにグループの調和を保つ守護者の役割につくことでしょう。

平凡な生活よりも刺激のある毎日に憧れていて、同じことの繰り返しを嫌い、日々に刺激と変化を求めています。

<h3>8月3日生まれの隠された特徴とは?</h3>
直感的な言動から、フランクに見られることの多い8月3日生まれですが、実は非常に恥ずかしがり屋。人見知りの面もあり、知らない人に話しかける時は、緊張していることが多くあります。

また、悲観主義者としての一面を覗かせることもあります。一旦ネガティブなことを考え始めると、良くないことばかりが頭をよぎり、なかなか立ち直れません。自分は周りの期待しに沿えていないのではないかと不安になり、人知れず落ち込んでしまうこともあるでしょう。
ただし、それは8月3日生まれの優しさと聡明さから生じたもの。無理にその性質を変える必要はありません。

他者に強いることがないので気づかれにくいですが、実は完璧主義者。一度こだわりを持ったら、自分の納得いくまで徹底的に突き詰める執念の強さを持ち合わせています。

基本的に何でも出来る万能肌。しかし、自分の能力を高めることにはあまり関心がなく、目的を果たす道程や、好きなことに没頭している過程で、結果として力を培ってしまうことが多いようです。

<h3>8月3日生まれの本能的な人間関係</h3>

直観力に優れ、独創的な世界を持つ8月3日生まれは、集団行動があまり得意ではありません。しかし、自身の感性に共感を示してくれた人々には強い信頼を置き、その人たちの力になりたいと考えるようになります。

また、洞察力にも優れている8月3日生まれは、グループでの調和役を担うことが多いでしょう。他者の心の機微を感じ取り、適切な配慮をする8月3日生まれは、グループにおける精神的支柱になることができます。
ただし、時に相手が踏み込まれたくない事柄に突っ込んでしまい、無神経と思われることも。踏み込むべきか、静観するべきか、しっかりと吟味してから行動することを心がけましょう。

リーダーシップをとって積極的にグループを引っ張って行くのは、あまり好きではありません。しかし、リーダーの資質も決してないわけではなく、段取りを取るのが上手で、物事の進行役として優れている面も。
持ち前の直観力を活かして、他者に道を示すことを得意としています。

<h2>運命の転換期!婚期やモテ期も分かるかも</h2>

8月3日生まれのターニングポイントは、25歳と50歳。

8月3日生まれは、25歳で恋愛運がピークに達し、その後は徐々に下がり続け、40歳で下落が停止します。その後、恋愛運は再び右肩上がりとなりますが、この際に既婚者は離婚の危機を迎えることになります。出来るだけ25歳までに相手を見つけ、身持ちを固めるよう心がけましょう。

50歳で迎えるターニングポイントは金運のピーク。以降は金運が下がる一方なので、老後に向けてしっかりとした貯蓄を作っておきましょう。

<h2>8月3日生まれの恋愛傾向♪恋の癖が丸裸?</h2>

シャイな8月3日生まれは、恋愛に対して非常に奥手。好きな人を前にすると、恥ずかしがって本来の能力を発揮できません。高スペックではあるものの、恋のこととなると頭が真っ白になって、冷静な判断を下せなくなってしまいます。
良いところを好きな人に見せようと思っても空回りしがちで、周りの失笑を買ってしまうこともあるでしょう。奇人・変人に捉えられることも多く、好きな人との恋愛の成就には時間を必要とします。
意中の相手と距離を詰めたくても、焦りは厳禁。チャンスを待ち、じっと耐えることが重要です。

迫ることは苦手な8月3日生まれですが、相手からアプローチを掛けられた際は、意外にも良い関係を築くことができます。特に、8月3日生まれと仲の良い相手や理解者とは相性が良好。
相手は上っ面ではなく、もっと深い部分を見て愛してくれるので、信頼して身を寄せることができるでしょう。本音を我慢しがちな8月3日生まれにとって、良きパートナーとなってくれるはず。

<h3>恋愛・結婚までの道のり…近道は身近に存在する!?</h3>
積極的にアプローチを掛けるよりも、自分を磨いて好機を待ちましょう。優しい心と優れた洞察力・感受性を持つ8月3日生まれは、黙っていても異性が放っておかない素敵な人間性に溢れています。

大事なのは焦って行動することではなく、いつも通りに振舞うこと。自分らしさを常に意識して生活していれば、運命の相手はおのずと8月3日生まれのことを見つけ出してくれます。

<h2>8月3日生まれの仕事の資質</h2>
8月3日生まれは、社会的な集団に属して働くよりも、研究者やアーティストといった、独自の世界観を持った職業が向いています。例え、非常識と非難されようと自分の道を進み続けた先では、成功をその手に収めることができるはずです。
女性であれば、美容や広告業界でも、アバンギャルドなそのセンスを活かして、一分野のカリスマとなることでしょう。

開拓者としての資質が高く、独創的なアイディアとひらめきに優れるので、ベンチャー企業などを起こすのも選択肢に挙がります。ただし、その場合は気の置けない仲間を作れるかどうかが8月3日生まれの転機となるでしょう。

また、金銭や生活の安定感よりも、精神的に充足を優先するのも、8月3日生まれの特徴です。自分が楽しんで出来る仕事を探しましょう。

<h2>8月3日生まれと相性のいい誕生日</h2>

1月3日
2月18日
3月12日
4月7日
5月24日
6月5日
8月23日
9月2日
11月14日
12月17日

<h2>運命の人の誕生日(ソウルメイト) </h2>
1月19日
5月6日
7月13日
10月1日
12月26日

<h2>8月3日生まれの偉人・有名人12:46 2019/03/12一覧</h2>

安住紳一郎
伊藤英明
ブルゾンちえみ
白石隼也
白倉伸一郎

<h2>8月3日生まれの基本データ!星座や誕生花・誕生石一覧</h2>

星座:獅子座
誕生石:クリソベリル・キャッツ・アイ
誕生花:カンナ/ニチニチソウ/キンセンカ

RELATED POST