誕生日占い

9月1日生まれの誕生日占い|性格・特徴・恋愛傾向まとめ

<h2>9月1日生まれの性格や特徴「優れた頭脳と抜群のセンスの良さを持った繊細な人」</h2>

芸術的なセンスと、高い分析能力を持ち合わせた人です。華やかな印象を持たれやすいので、自然と周りに人が集まってくるでしょう。頼られるとついつい面倒をみてしまう人の良さもあるので、いつのまにか組織の中心にいることもあるでしょう。
かなりの情熱家でもありますが、それを表に出すのは苦手かもしれません。
水面下で必死に足をかく白鳥のように、涼しい顔で何事も焦らずにこなしてしまうので、周りの人からは羨望の眼差しを受けているのではないでしょうか。スマートに振る舞うことを意識し、そのための努力は惜しまないので完璧主義者だと思われているかもしれません。

高い分析能力は、目標に向かって進んでいくための非常に強い武器です。他人から見てもその能力は頼りになり、相談を受けたり意見を求められたりすることも多いでしょう。
しかしひとたび分析を終えて答えを出してしまうと、中々その思考から抜け出せない頑固な面があります。
こだわりが強く、融通のきかないところがあるので、人とぶつかることもあるでしょう。状況に応じた柔軟な対応を心がけると、視野が広がり新たな自分を発見できるでしょう。
言い方にトゲがある場合があるので、伝え方に注意しましょう。言っていることは正しく合理的なので、必ず多くの人の支持を得ることが出来ます。

芸術と深い関わりがあり、センスの良い物、気に入ったものを身近に置いてリラックスできる空間を作りましょう。オン・オフの切り替えが苦手で、常に頭の中で何かを考えている向上心の高い人です。積極的に自分を癒すことで、考えも整理されて作業効率が上がります。
目標を定めると、それに向かって一直線になるところがあるので、自分では気づかないうちに疲れが溜まってしまいます。頑張り過ぎないよう、好きなものに囲まれて一人になる時間を持つようにしましょう。

<h3>9月1日生まれの隠された特徴とは?</h3>

感性が鋭く繊細なところがあるので、他人の目を気にしがちです。そのため自分の殻を破れずに悩むことがあるのではないでしょうか。
周りからの期待を背負いすぎて、誰も本当の自分をわかってくれないと孤独感に苛まれることもあるでしょう。
そして本質的にとても負けず嫌いな面があるのですが、表面上はそれを上手に隠しています。勝ち負けにこだわるのはみっともない、と思っている節があるのではないでしょうか。
多くの人に頼られるのも悪くはないのですが、ワガママや弱さを見せられる家族や友人を大事にすることで心も安定していきます。
自信をもって行動すること、そして不安を感じたときは正直にその思いを表現してください。生来的に高い表現力も持っているので、嫌みなく伝えることができるでしょう。
弱い面を見せることは決して負けではありません。それどころか、周りの人は普段とは違う一面に、より一層深い魅力を感じるはずです。

<h3>9月1日生まれの本能的な人間関係</h3>

頼りにされることに喜びを感じるので、自分を慕ってくれる人たちに囲まれていると居心地が良く、問題は少ないかもしれません。
しかし上から押さえつけられたり、命令されるのを極端に嫌うので、そういった状況に陥ると途端に人間関係で悩むことが増えるのではないでしょうか。
出る杭は打たれるのが世の常です。有能であるがゆえ、それを面白く思わない人はどこにでも存在します。
どれだけ自分が正しくても正面から対立するのは得策ではありません。ときには先輩をたてたり、敵を作らないよう根回しをするなど、上手に立ち回ることも必要です。
相手に合わせて柔軟に対応することで、人当たりも柔らかくなります。幅広い人との交流によって、より多くの信頼を集めることができるようになるでしょう。

<h2>運命の転換期!婚期やモテ期も分かるかも</h2>

結婚に関しては相当に慎重派です。一目惚れなどはあまり経験しないかもしれません。数年のお付き合いを経てお互いをよく知ったうえでゴールインという、スタンダードな結婚観の持ち主です。
だからと言って婚期を逃しやすいということではなく、しっかりと人生設計をたてたいという自立心の顕れなのです。
何事に対しても真剣に取り組む姿は魅力的ですが、少し物事を重く捉えがちです。気軽に参加した食事会やサークル活動で、運命の出会いが待っています。
まずは色々なものに興味を持って、思い切って挑戦してみましょう。思いがけないところから人生が変わるかもしれません。

<h2>9月1日生まれの恋愛傾向♪恋の癖が丸裸?</h2>

とてもロマンティストで出会いがドラマチックであればあるほど燃え上がります。
そしていざお付き合いが始まれば、典型的な尽くすタイプになりやすいでしょう。
得意の分析能力で相手が考えていることや、してほしいことを見抜き、言われる前にやってしまう傾向があります。
最初はお相手も喜んでいたけれど、いつしかそれが当たり前になり、感動も感謝の気持ちもなくなって気持ちが離れていった、なんて経験が少なからずあるのではないでしょうか。
律儀なお相手であればお返しもしてくれるでしょうが、毎回ではお互いに疲れてしまいます。
観察眼に優れ、こまやかに相手を気遣える優しさは、異性にとって相当魅力的なはず。男女を問わず多くの人からモテるのに、いざ誰かと付き合うと尽くしすぎて疲れてしまっている。
プライドが高いこともあり、誰にも相談できずに一人で悩んで自己解決してしまうことが多いのではないでしょうか。
なんでも一人で先走らず、二人で問題を解決するという意識を常に持っておくことが、良いお付き合いを保つコツです。

<h3>恋愛・結婚までの道のり…近道は身近に存在する!?</h3>

普段は冷静沈着で正確な判断力に優れているのに、ひとたび恋愛になると、その場の雰囲気や演出に流される傾向にあります。
また自分と同じく向上心が高く情熱的な人に惹かれますが、一緒にいると心が休まる暇がないのでぐったりしてしまうかもしれません。
せっかくデートの約束をしても、会う前からプランを考え過ぎて憂鬱になった経験はないでしょうか。
どちらかと言えば包容力があり穏やかなタイプの人と相性が良く、安定した関係を築けるでしょう。刺激は少なめですが、落ち着いた結婚生活を送ることができます。

<h2>9月1日生まれの仕事の資質</h2>

人目を引く華やかさがあるので、裏方よりも表だった仕事に向いています。
芸能関係や営業職なんかは天職と言えるでしょう。
命じられたことだけを忠実にこなすのは苦手で、何をするにも自分の頭で考え、納得したことでなければ長続きしません。
表現者としても優れた才能を持っているため、芸術的な分野や文学の世界でも頭角を現すでしょう。
企業で働く場合はトップではなく参謀的な役割の方に適性があります。トップとしての資質がないわけではありませんが、多くのことを考え過ぎて肝心な時に決断力が鈍る可能性があります。
なにをさせても丁寧で正確なため、どんどん責任ある仕事を任されるでしょう。反面、面倒な仕事を押し付けられることもあるかもしれません。
調子よく何でも引き受けるのではなく、自分の仕事と他人の仕事の線引きをしっかりすることで、より効率のいい仕事のやり方を学んでいけるでしょう。

<h2>9月1日生まれと相性のいい誕生日</h2>

4月29日、5月2日、7月14日、8月23日、9月11日
11月5日、11月22日、12月3日、1月18日、2月28日

<h2>運命の人の誕生日(ソウルメイト) </h2>
5月11日、6月25日、8月4日、10月20日、3月28日

<h2>9月1日生まれの偉人・有名人</h2>
新渡戸稲造、小澤征爾 、森下千里、三浦理恵子、土田晃之

<h2>9月1日生まれの基本データ!星座や誕生花・誕生石一覧</h2>

星座:乙女座
誕生石:タンザナイト、シトリン
誕生花:スパティフィラム、ハマナス

RELATED POST