誕生日占い

8月6日生まれの誕生日占い|性格・特徴・恋愛傾向まとめ

8月6日生まれの性格や特徴「明るく自由なエンターテイナー」

人を笑わせることが大好きでいつも周囲を楽しませようとしています。とても社交的な人物と言えるでしょう。気になることはとりあえず試してみるといったチャレンジ精神もあるので、次々と新しい世界を展開し周囲の人達を驚かせてしまいます。

負けず嫌いな一面がありますがそのぶん努力も怠りません。常に努力し邁進していく様子に心を打たれる人も多いはずです。時にはそのストイックとも言える姿に引いてしまう人もいますが、あまり気にせずに突き進んでいきましょう。

どんなに個性的な人のことも決して否定せずに接することができます。心の中では変な人だと感じていたとしても、「自分にも変なところがあるから」と受け入れられる寛容な心を持っています。

人を差別したり見下したりすることはあまり好きではありません。誰とでも対等に接したいという気持ちで日々を過ごしています。「対等」であろうとしているからこそ目上の人や仲間たちとぶつかることもありますが、本人には悪気など一切ありません。

世渡り上手な性格ではありますが目上の人に敬意を払うことが苦手です。相手を尊敬できる場合は別ですが、年上というだけで敬ったり、上司というだけで黙って従ったりすることには疑問を感じることも多いようです。

大抵の人とうまく過ごしていける8月6日生まれ。けれど空気を読まずに場の雰囲気を悪くするような人のことは好きにはなれません。自分自身が裏表のない素直な性格のため、他人の嘘を見破ることも苦手です。

不満や愚痴が多いのも8月6日生まれの特徴のひとつと言えるでしょう。ですがそれは「否定すること」よりも「改善すること」を目指して発する愛情表現のようなものです。物言いがストレート過ぎるために誤解を受けてしまうようですから、もう少し柔らかな表現で伝えてみるといいのかもしれません。

非常に義理堅く、受けた恩は忘れないというような昔気質な一面もあるでしょう。

8月6日生まれの隠された特徴とは?

普段はさっぱりとした陽気な性格ですが、意外にもメンタルの弱いところがあるようです。一度ネガティブになってしまうと地の底まで到達するような激しい落ち込み方をするでしょう。

とくに目的や目標に向かっている途中で失望するようなことがあると、一気に孤独を感じて心身のバランスを崩してしまいます。そんなときに自分で自分の気分を盛り上げられるような「ご褒美」をひとつ準備しておくと、素早く気持ちを切り替えることができるかもしれません。

人とは違う視点を持っているだけなのに「ひねくれた見方をしている」と言われてしまい、辛い思いをすることがあります。優れた審美眼と芸術的なセンスも持ち合わせていますから、自分自身の感覚や感性を信じて行動して大丈夫です。

8月6日生まれの本能的な人間関係

人によってまったく違う印象を抱くことが多い、というのも8月6日生まれの不思議なところです。気持ちの浮き沈みが激しいところがありますが、それを素直に表に出してしまうことが多いからなのかもしれません。

それぞれ違う印象を持たれることが悪いというわけではありませんが、なるべく気持ちをコントロールできるようにしたほうが無用な悪印象を持たれずに済むでしょう。

人と接する中で相手の考え方や反応を自分勝手に予想したり期待したりしてしまうクセもあります。その予想が外れたときに裏切られた、拒絶されたと悲観してしまうのは考えものですが、それだけ素直な人物なのだとも言えます。

大勢の中で中心になって調和を保ちたいというのが8月6日生まれの人生を通してのテーマなのかもしれません。

運命の転換期!婚期やモテ期も分かるかも

30代から40代の半ば頃までに大きな成功を掴みそうです。この成功を通じてますます社交的になり交友関係が広がっていくでしょう。

20~40代までは全体的にとても高い運気を持っています。その反動からか、60代からは下降しているように感じてしまいそう。取り立てて悪い運気だというわけではありませんが、それまでが好調だったために比較して物足りなく思ってしまうのかもしれません。

恋愛においての大きな転機は34~37歳頃にやってきそうです。この時期出会った相手が大切なパートナーになる可能性が高いでしょう。

8月6日生まれの恋愛傾向♪恋の癖が丸裸?

明るい性格と人懐っこさで良い印象を持たれることが多い8月6日生まれ。独占欲が強いタイプですが単純に束縛するようなことはしません。

8月6日生まれは自分から献身的に尽くして相手を良い気分にさせます。それが「よそ見をさせる隙を与えないため」という一風変わった独占欲であることを知る人は多くはないでしょう。

パートナーには惜しみない愛情を注ぎますが無償の愛というわけではなく見返りを求める傾向があります。ただ自分が愛するのと同じように相手からも愛されたいと願っているだけですから多くは求めません。同じことをしてもらえるだけで十分満足できるようです。

心根が優しく相手のペースに合わせることもできますが、自分でも気が付かないうちにモヤモヤを溜め込んでしまうことが。時々は冷静になって自分の気持ちを確認してみることも大切です。

ネガティブな思考になっているときはなぜか高圧的な態度をとってしまいがち。不安なときほどそんなふうに相手の愛情を試すようなことをしてしまいますが、弱い一面も素直に見せてみたほうがうまくいきます。

恋愛・結婚までの道のり…近道は身近に存在する!?

結婚相手には精神的に支えてくれるような人を選ぶことが多いようです。古風な考えを持っているところがあり、結婚までの順序をきちんと守りたいと思っているタイプです。

古き良き習慣に従って準備していくことに意味を感じるので、何度も話し合いをすることは苦ではありません。スムーズにいかないことには粘り強く取り組むこともあるでしょう。

季節ごとの行事やイベントも大切に過ごすことができます。相手を喜ばせるためにサプライズを準備することもあるでしょう。いざ結婚となるまでには少し時間がかかるかもしれませんが、とても穏やかで幸せな家庭を築いていけそうです。

8月6日生まれの仕事の資質

どんな仕事でも自分なりの工夫で楽しめる性格の持ち主ですから、幅広い業界で高い評価を受けるでしょう。ただし細かい規則を押し付けられると窮屈に感じてしまうこともあるようです。とくに公務員や医療関係などの仕事には苦手意識も持っており、できることなら避けて通りたいと感じてしまいそうです。

好きなようにできるからという理由で自営業を選ぶ人が多い、というのがやはり自由な8月6日生まれらしいところです。人当たりが良いため営業や販売などに従事すると素晴らしい才能を発揮するでしょう。

クリエイティブな才能があり芸能関係の業界にも向いています。けれど心配性な性格が邪魔をするため、敢えてその道には進まないという人も少なくないでしょう。

8月6日生まれと相性のいい誕生日

1月2日 3月1日 4月18日 5月26日 6月30日
7月24日 8月23日 9月22日 9月23日 10月21日

運命の人の誕生日(ソウルメイト)

1月15日 1月22日 5月23日 9月30日 12月7日

8月6日生まれの偉人・有名人一覧

アレクサンダー・フレミング(生物学者)
さかなクン(魚類学者)
奥菜恵(女優)
窪田正孝(俳優)

8月6日生まれの基本データ!星座や誕生花・誕生石一覧

星座:獅子座
誕生石:サードオニキス・ペリドット・アメトリン
誕生花:ノウゼンカズラ・トレニア

RELATED POST