夢占い

助ける夢にはどのような意味があるの?基本的な意味とケース別診断

【夢占い】助ける夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

助ける夢を見るのは基本的には吉夢です!人や動物を助けることは大変そうですが、良いことは自分に返ってくるとよく言われています。それもそのはず、誰かを助けるということはあなたに優しさや思いやりがあるということです。それが良い効果を生まないはずないのです。

要は良いことをすると巡り巡って自分に返ってくる、ということです。また、日常的に誰かの何気ない動作を助ける夢であれば、平凡な日常を変えようとあなたが頑張っている証拠でしょう。

なので、基本的な意味は自分の人生が開ける吉夢です。また誰かを助ける心の余裕があることも表しています。普段から周りからの信頼が厚い方が多いです。

助ける夢を見る心理的な背景とは?

助ける夢を見る人の心理で多いのは誰か実際に助けたいと思っている人が身近にいる場合です。基本的に頑張り屋さんが多いです。そんなあなたはきっと人を助けることが出来る、器の大きい人です。

またあなたの大切なものが失われそうで、失わないように努力しているという心理も存在します。助けるものの種類によっても変わってくるので、一概には言えませんが努力している場合が多いです。

ですが、あまり自分を追い込みすぎはよくありません。適度に努力すると良いでしょう。
危険を顧みず助けて自分が危険な目にあっては大変です。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返しこの夢を見てしまう時は、少しあなたがお疲れの時かもしれません・・・。現実もそうである場合が多いです。助け続けて疲れている、または解決できていないと思っている表れなのでしょう。
たくさん助けて上手くいっている場合は自分の周囲がどんどん変わっている証なので大いに良いことです。ですが、助けたい・状況を打破したいと思っていても上手くいかないこともあります。

基本的にこの夢を見る人は頑張り屋さんで周りからの信頼も厚い方が多いでしょう。なのでそこまで頑張らず、周りはしっかり理解してくれていると信じることが大切でしょう。

RELATED POST