夢占い

うさぎの夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】うさぎは吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

昔話やおとぎ話で、月にうさぎがいる絵が多く使われています。
うさぎは古くから“月の使者”と考えられており、幸運の象徴とされています。
他にも、うさぎの繁殖力の高さと孤独を嫌うことから、子孫繁栄や良縁を表わすシンボルにもなってきました。

そのため、うさぎの夢は吉夢で、あなたに幸せを運んで来てくれることを意味します。
うさぎが持ってきてくれる幸せは『良い出会い』『子宝』『物事の成就』『商売繁盛』など、多岐に渡ります。

しかし、うさぎが出てくる夢がすべて幸運の夢かというとそうではなく、中には注意を促す意味を持っている場合もあります。
一見ネガティブな印象の夢でも、今から好転する意味と捉えることができますので、気にし過ぎなくても大丈夫です。

うさぎの夢を見る心理的な背景とは?

うさぎの夢を見た時の心の状態は、2つのことを表わしています。

ひとつめは、現状に満足している状態です。
過度な緊張感を強いられることも、悩みや不安に心が支配されることもなく、毎日が楽しく充実していると感じている時です。
今は何があっても大丈夫と自信を持って言える、心の柔軟性を表わしています。

ふたつめは、成就したいことがあるという思いです。
恋愛、結婚、出産、学業、商売など、成し遂げたい思いを写し出しています。
願いがかなった時、あなた自身がとても幸せを感じると確信し、叶えようとしている気持ちの表れです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度もうさぎの夢を見るようであれば、『幸福』について深く考える時期が来たことを示唆しています。
すでに幸せを感じている、もう少しで幸せを掴みそうな予感があるなど、幸せに対して何か心に感じるものがあるはずです。
そしてその感覚はどんどん明確になっていきます。幸せとの距離がどんどん縮まり、もう少しで手が届くところにあります。
夢の中のうさぎはあなたに、望む豊かさや満足感を手に入れる準備がすっかり整ったことを伝えています。

RELATED POST