夢占い

石の夢にはどのような意味があるの?基本的な意味とケース別診断

【夢占い】石は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

石が出てくる夢は、安定を意味します。
吉夢であれば、環境や生活状況が安定する、または安定しているのです。
凶夢だった場合は、周辺状況が不安定になることを示唆しています。

石の夢は、環境や状況、人間関係や仕事など、自分を含めたまわりの状況を占うことができます。
石が大きくてどっしりとしているなら、何事も安定していると見ます。
これから先も、とくに不安にさらされたり、動揺するような環境の劇的な変化はないでしょう。

反対に、軽やかで小さいなら、物事が転がるように進展する兆しです。
滞っていた問題を解決していく、良い暗示です。

とくに不安になることに心当たりがないなら、石の夢は未来を示しているのかもしれません。
もしくは、生活環境や人間関係や仕事などが、不安定に揺れ始める兆候の場合もあります。

しかし、夢の中の石は動かすことができることを忘れないでください。
心の持ちよういかんで、いくらでも自分を安定させることができるのです。

石の夢を見る心理的な背景とは?

石の夢は、安定を意味していることから、どっしりとした石の夢なら、自分を含めて周りは安定していると見ます。
環境の変化もなく、不安もなく、精神的にも体力的にも充実していると言えるでしょう。

ぐらぐらと揺れる石の夢は、自分を含めた周りに不安定要素があると見ます。
深層心理では、なにか環境が劇的に変化するのではないかと、敏感に感じ取っているのです。

ころころと軽やかに転がる石の夢は、心につっかえていた不安が解消されることを願う気持ちが反映されています。
また、不安が解消される見込みが見つかりそうな予感を感じているのでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も石の夢を見るときは、心から強く安定を願っている表れです。
不安定な状況下にさらされ、自分を維持できない状態にあるのかもしれません。
また、早く問題を解決したい、障害を乗り越えたいというはやる気持ちの現れでもあります。
自分の思い通りにいかない焦りや不安が、安定を求めて、何度も石の夢を思い描いているのです。

誰かの不安を察知して、自分自身が不安定になっている場合もあります。
困っている相手の感情が流れ込んできているのかもしれません。
相手の困りごとを取り除いて、はやく安定させてあげたいという願いが夢に表れたという見方もできます。

自分自身に悩みがあるのであれ、身近な人が困っているのであれ、不安に立ち向かいましょう。
逃げ続ければ逃げ続けるほど、夢は追ってきます。
夢という願望に向かい合ったとき、はじめて夢の内容は変わりだすでしょう。

RELATED POST