夢占い

壊れる夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】壊れる夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

なにかが壊れる夢は、凶夢です。
滞りなく進んでいた計画が頓挫するという暗示です。

自分自身の手で壊すのではなく、壊れるというのは、外側からの影響で計画が壊されるということです。
自分のほうには問題がないのに、自分以外が原因となって、思う通りに事が運ばなくなりそうです。
計画を立て直す手立てがない、ただ計画崩れになっていくのを見ているしかない状況に陥るでしょう。

自分ではどうしようもできないので、物事を進めることができません
その苦悩や葛藤が、壊れるという、なにもできずにあきらめなければならない、という状況を描いているのです。

けれど、夢は心が描くものであり、行動次第で防げる可能性は大いにあります。
夢に描かれた運命に抗うことも人生であることを、心がけましょう。

壊れるの夢を見る心理的な背景とは?

壊れるという夢は、自分自身が壊れていきそうだという絶望感を表しています。
無力感や失望、あきらめや挫折といった、自分ではどうしようもない、という心情です。

壊されたのだから仕方がない。これ以上はなにもできない。自分のせいではない。
自分以外のことが原因なのだと言い訳をして、うまくいかない物事を納得させようとしているのかもしれません。
しかし、そこには、挫折した事実を悔しいと思う気持ちも隠されています。

あきらめようとしているけれど、あきらめきれない。
もどかしい気持ちをどうにか解消したい。
そこで、壊れるというなにもできない夢を見て、無力感をごまかそうとする気持ちが現れているのです。

再び立ち上がる勇気をもてば、夢の内容が変わることでしょう。
自分の願いに従って下さい。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

計画は頓挫しても、まだあきらめがついていないからこそ、壊れる夢を見続けるのです。
自分では無理だ、と思いながらも、心のどこかでは再起を願っている表れです。
一度は挫折したり、頓挫してしまった計画だからと、言い聞かせても納得できない。
だから自分に言い聞かせるために、暗示のように夢を見て、深層心理を書き換えようとしているのです。

しかし、願うことを押し殺そうとするほど、壊れるという夢を見続けることになります。
やりたいと願うことに再度挑戦してください。
おのずと、なにかが壊れる夢を見ることはなくなることでしょう。

RELATED POST