夢占い

離婚の夢にはどのような意味があるの?基本的な意味とケース別診断

【夢占い】離婚は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

離婚というと凶夢のイメージがありますがそうではありません。目が覚めたら嫌な気分になっていたりと、悪い夢であればあるほど吉夢になります。悪い夢は逆夢とよく言われているように、離婚も吉夢の場合が多いのです。
また離婚の夢には恋愛が盛り上がる意味が隠れていて、現状からの変化を示しています。成長や脱却を意味しているなど、やる気が湧いて良い方向に現実が展開するメッセージでもあります。
新しいものにチャレンジしたいという願望が潜在意識にあります。人間関係が充実する・良くなるというメッセージにもなるでしょう。現実から脱却して前向きになろうとしている時や、好きな人を大切にしたいという強い気持ちが離婚の夢になって現れます。

離婚の夢を見る心理的な背景とは?

離婚の夢は新しい事にチャレンジしたい気持ちが高まっていたり、大切な相手との絆を強くしたいと望んでいる場合によく見ます。人間関係についての潜在意識からのメッセージですが、恋愛が盛り上がる兆候でもあります。
今の状況から脱却し成長したいという願望が、心の中に隠れているのでしょう。相手を失う事に強い不安を感じて至り、愛情を感じている相手とずっと一緒に過ごしたい気持ちが強く、心理的には愛情が増しているメッセージになります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

同じ夢を何度も繰り返すのは、長い間強い愛情を持っていて情熱が冷めていない証拠です。離婚という危機的な状況の夢なので、逆夢として解釈するとそれだけ大切な人への愛情が強いという事になります。
報われない想いをずっと抱き続けているといったものではなく、幸せな関係をずっと続けていきたいと願っている時に見る夢でしょう。幸せな人間関係を失いたくないという思いや緊張感が高まってしまうと、心理的に離婚の夢を見やすくなるわけです。

RELATED POST