夢占い

橋の夢にはどのような意味があるの?基本的な意味とケース別診断

橋は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

橋の夢を見た場合は、吉夢ですので安心してください。
橋の夢は現在と未来を繋ぐ、又は生と死を繋ぐことを意味しており、あなたの人生の大きな転機の訪れを象徴しているともいわれています。

そんな橋の中でも最も良いとされるのが、大きな橋の夢なのです。
頑丈でしっかりとした大きな橋を渡る夢は、あなたの今までの努力が報われる前兆です。ですので、大きな橋の夢を見たのなら近い将来に良い結果の訪れを暗示しています。

しかし、吊り橋のように足元が不安定な橋や、壊れた橋を渡る夢はあなたにこれから困難なことが訪れず可能性が高いことを暗示しているので、最近の自分の行動を見直してみる時期なのかもしれません。

橋の夢を見る心理的な背景とは?

橋を渡り切った先に、自分の目標のゴールをイメージしてください。橋の夢を見た時に橋を渡れた場合には、今持っている目標のゴールを暗示しています。
逆に橋が揺れていて不安を感じ引き返した場合には、目標に対しての不安を表しています。
橋の夢は目標に対してや、決断しなければいけないことに対しての自分の心の状況を表しています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も橋の夢を見るということは、目標や決断しなければいけないことに対しての自分の不安な気持ちの表れです。
今のままでは良くないという気持ちがある一方、変わりたいという気持ちの表れです。
自分の望んでいる結果へと近づけるように自分自身が変化を望んでいる時期です。
今までの努力が報われなかったどうしようという不安と、未来への希望に期待している気持ちの大きな揺れを、無意識の状態で表していると言えます。
橋の夢は進学や就職、結婚などあなたの人生の大きな転機が訪れることを暗示しています。

RELATED POST