夢占い

お風呂の夢にはどのような意味があるの?基本的な意味とケース別診断

【夢占い】お風呂は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

お風呂の夢を見たらそれは吉夢であり、基本的な意味は【悩みや重労働からの解放】を表します。

「かかえている問題が浄化される予兆」であり、これから状況が良くなるというメッセージが込められています。

お風呂といえば、「綺麗にする・癒やす・疲れをリセットする」などとイメージされますが、夢占いにおいてもほぼ同様の意味を持ちます。

何か悩みをかかえていたり、肉体的に疲れが溜まっていると多く見る夢で、疲労した状態から解放されたいという心理が夢へ影響を及ぼしています。

お風呂の夢は、そのような疲れた状態や、かかえた問題が解決する前ぶれですので、引き続き体調にも気を配りながらも前向きに過ごされると良いでしょう。

お風呂の夢を見る心理的な背景とは?

お風呂の夢を見る場合は、「今の状況から抜け出したい」とか「溜まっている疲労感を癒やしたい」という深層心理があります。

具体的には、休み無く働いているときに「そろそろ休養をとりたい」という心理から、お風呂の夢を見ます。

たとえ休日があったとしても、頭の中で仕事の事ばかり気にしており気が休まっていないときも、同様にお風呂の夢を見るのです。

他にも、自分では絶好調だと感じていても「お風呂の夢」を見た場合は、精神的に高揚していて体の疲労に気づいていない可能性があるので注意が必要です。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度もお風呂の夢を見る場合は、悩みや重労働からの解放の時がより迫っていることの表れです。
しかし、「もうすぐ現状から抜け出せるはず」といって、無理な行動は控えるべき時でもあるのです。

お風呂の夢は「悩みや重労働からの解放」を表しますが、同時に「心身に溜まった疲労状態」も意味しています。

何度もお風呂の夢を見た場合は、自身の体調に、より目を向けるべき時なのです。

忙しい日々の隙間で、何かできる事が無いか、一度、呼吸を整えて考える時期になります。

RELATED POST