夢占い

卒業の夢にはどのような意味があるの?基本的な意味とケース別診断

【夢占い】卒業の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

卒業の夢を見たらそれは吉夢であり、基本的な意味は「問題からの解放」です。

卒業の夢は、「問題からの解放」という意味を持つと同時に「目標達成」を表しています。

実際に目標を達成した直後や、これから達成される場合も夢からのメッセージとして「卒業の夢」を見るのです。

夢を見たのが、学生ではなく社会人でも同様に、目標に区切りがつき解放される暗示ですので、心機一転すべき絶好のタイミングとなります。

卒業といえば、人生の岐路であったり、新たな出発でもあり、別れの場でもあると一般的には認識されています。

卒業の夢にも、「シチュエーション」や夢の中で「自身がどのように感じていたか」で、それぞれの意味や暗示されていることが違ってきます。

卒業の夢を見る心理的な背景とは?

卒業の夢を見た場合は、しばらく続いていた過去とは決別して、新しい事に挑戦したいという心理が働いている状態を表しています。

目標が達成間近であったり、目的を達成できた直後に卒業の夢を見ることが多くなります。「そろそろ次の段階に進みたい」という心理状態から卒業の夢を見るのです。

卒業の夢を見る心理的な背景としては他にも、長く付き合ってきた人との別れを自身で感じていたり予感しているときに卒業の夢として表れるのです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も同じ卒業の夢を見る場合は、問題から解放される時期が迫っていることをより強調したメッセージです。
潜在意識的に、「もうすぐ終わる」と強く感じている程、卒業の夢を多く見るようになるのです。

もうじき別れが来る人との想い出を振り返った夜や、間近に迫った目標達成を意識する機会が増えると、卒業の夢を繰り返し見るようになります。

同じ卒業の夢を繰り返し見たとしても焦る必要は無く、気分の高揚から夢に出ている場合がほとんどです。

このような時期は、目標達成前の最終チェックをしたり、別れる人から聞いておくべき大切なことは無かったのかを見直す時間に当ててください。

RELATED POST