夢占い

溺れる夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】溺れる夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

溺れる夢は不安、不満を表しており、凶夢と言えるでしょう。不平不満が日に日に増している状況で、不安にさいなまれている時に見る夢です。そして溺れているということは、誰かに助けを求めている証拠。どうにか現状を打開しようとしているのです。
しかし周りに頼れる人もいないので、また不安にさいなまれるという悪循環になっています。必死に誰かに助けを求め、また自分でもどうにかしようとはしているのですが、なかなかそれが叶わないという、苦しい状況です。
同時に、現状を打開したいというポジティブな思いも込められているということですので、悪いばかりの夢ではありません。希望を捨てずに打開策を見つけたり、誰かが助けてくれるのを待ってみましょう。

溺れる夢を見る心理的な背景とは?

溺れる夢を見る時は、不安定な精神状態であると言えます。どうにか不安から抜け出したいけれど、それが出来なくて不安に負けそうになっています。そして、その不安を口にすることすら億劫になっているので、八方ふさがりになっているのではないでしょうか。
頼りになる人が周りにいないので、1人でどうにか解決しようとしているのですが、そのことが余計に精神を追い詰めているのです。そんな時は、心身をリラックスする時間を作りましょう。そうすれば、今まで見えなかった、頼れる人が見えてくるかもしれません。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

溺れる夢を何度も見るのは、心の平穏を欲しているからです。そして心身ともに疲れ切っているので、少し休む時間が必要だというメッセージでもあります。これまでを振り返ってみて、あまり休息する暇がなかったと思ったら、ぜひ体と心を休ませてあげてください。
心にゆとりが生まれれば、今まで見えなかったものが見えるようになります。そうすれば、以前の自分では気づかなかった、意外な打開策が見つかるようになるでしょう。

RELATED POST