夢占い

腕の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】腕は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

腕の夢は、仕事の状況や学力の変化を夢占いでは表しています。太くたくましい腕の夢なら、吉夢で実力の変化が起きても良い方向へ進むでしょう。反対に、夢にでてきた腕が細くて頼りなかった場合なら凶夢です。仕事の状況が自分の望んでいない方に進んだり、実力不足と周囲から捉えられる可能性があるでしょう。

私たちの体の一部である腕は、右と左どちらもないと生活や人生が不便、苦痛になってしまいます。片腕のみでもそれは大変です。腕の夢には、それだけ重要なメッセージが込められています。

くわえて、右腕が印象的な夢なら男らしさを、左腕は女性らしさという意味です。腕の状況などから、くわしく意味合いを読み取っていく必要があります。

腕の夢を見る心理的な背景とは?

吉夢に該当する腕の夢を見た人は、真面目に努力ができており、自信ややる気に溢れています。新しい物事にも積極的に挑戦できる人です。そのまま突き進んでいくべきと夢が後押しするメッセージを送っています。

しかし凶夢に該当する場合では、真面目に取り組んでいない、後ろ向きな思考が多くなっています。そのような状態では良い流れを人生に引き寄せられません。今しっかりと振り返っておくことで、未来の進路を軌道修正できるでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し腕の夢を見てしまうときは、直したほうがいい部分があることを知らせるメッセージです。忠告や警告の夢として見る可能性が多いでしょう。

改善したほうがいい点はどこかを一度ゆっくり考えてみるべきです。直すべきところは性格であったり物事への取り組み方であったりと人それぞれです。今のままズルズルと過ごしていても何も変わりません。自分に厳しく努力できるところはするなど、できることから直して吉夢に変えていきましょう。次第に状況も良い方向に変わり運気も上昇しているはずです。

RELATED POST