夢占い

手術の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

手術は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

手術の夢は、生きる上で最も基本的な体が生死に関わる状態にあることから、基本的に過酷な運命を受け止めるという意味があります。

その他、現状からの移行、という意味もあり、現在2つの世界の間にいることを示しています。これは、手術が終わった後の姿、つまり理想的な移行後の世界を明確にイメージしなさいという意味でもあります。つまり、「創造性」や「クリエイティビティ」の発揮を促しているのです。

また、現状において何か抜本的な改善や改革を必要としていることがある場合もあります。これは身体的なことにとどまりません。

その他、身体的に具体的なトラブルが発生していることを告げている場合があります。これにピンとくるものがあるならば、早めに措置を講じた方がよいでしょう。

手術の夢を見る心理的な背景とは?

それぞれの意味によって異なります。過酷な運命を受け止めるという意味の場合、近い将来ある種のチャレンジを必要とする出来事の発生を察知している可能性があります。あるいは、現状において既にそうした状況を体験しているのかもしれません。

現状からの移行、とか抜本的な改善や改革を必要としている場合、現状はどこか停滞したり、行き詰まりを感じている場合があります。そうした状況は間もなく晴れるか、特に後者の場合なら、間もなく何らかのインスピレーションが降りてくるでしょう。

身体上のトラブルの場合、多くの場合本人が気が付いていません。注意が必要です。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

一般に、運命の受け止めや現状からの移行などのメッセージを帯びる夢の場合、手術の夢はそう繰り返して見るものではありません。

手術の夢を繰り返し見るような場合は、どんな状況で手術というテーマが現れているのかに注目し、その意味を考える必要があります。自分が手術を受けるのか、自分が手術するのか、あるいは誰かの手術を見ているだけなのか、という具合です。

もし何度も自分が手術を受けている夢を見る場合は、癒されるべきトラウマが浮上している場合があります。そうした場合、トラウマが癒されるに連れて、手術の夢とは疎遠になってゆくでしょう。

RELATED POST