夢占い

ホテルの夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】ホテルは吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

ホテルの夢は吉凶が混じっていて、人生の転機を表しています。
旅行先のホテルでホッとするのと同じで、ホテルの夢は「リフレッシュしたいな」というときに見ることが多いといわれています。
特に吉とされるのが格式の高いホテルに泊まる夢で、困難な状況に立ち向かえる力に溢れているとき。積極的に動くことでいい結果を出すことができそうです。

反対に凶とされるのは、従業員に元気がなかったり、ホテルの中で迷子になる夢です。これはあなたの心身が疲れ切っていて、「休んだほうがいいよ」と警告するサインの可能性も。
どちらにしても、ホテルの夢を見たときは自分の心身の状態を見つめ直したほうがいいといえるでしょう。

ホテルの夢を見る心理的な背景とは?

ホテルの夢を見る時は、心が疲れている場合が多いです。
実際にホテルに泊まる時のことを思い浮かべてみてください。なんとなくリフレッシュできたような気分になりますよね。ホテルの夢は、疲れたあなたに休むよう訴えかけているのです。
また人間関係での疲れもホテルの夢が教えてくれます。
どんなホテルに、誰と泊まるのか。それをしっかり読み取ることが、スッキリしない日常から抜け出すきっかけになっていくでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

ホテルの夢を何度も見るのは、心身が悲鳴を上げていたり、人間関係に疲れ切っているサインかもしれません。
無我夢中で日々の生活を送っている場合、身近な異変に気付かないこともありますよね。そんなとき、ホテルの夢が「休んだほうがいい」と警告してくれるのです。
夢に何度もホテルが登場したら、深呼吸をしてみたり、気分を変えて旅行をしたり、リフレッシュを心がけるといいでしょう。今までの気分がスッキリするはずです。

RELATED POST