夢占い

病院の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】病院は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

病院の夢には疲れを暗示していたり、休息が必要だと警告している意味があります。手術をする夢を見た場合はトラブルの発生を表し、それを放置すると悪い方向に向かってしまうかもしれません。
また、慌ただしく急患が運ばれてくる夢は、突然の災難を暗示していることも。

これだけ見ると凶夢の印象ですが、病院の夢は吉夢の場合もあるんです。それは退院する夢を見たとき。
退院するということは治療から開放されるということで、夢占いの場合はしがらみから開放され自由になることを表しています。

とはいえ、病院の夢は基本的には心身のリフレッシュが必要な時に見ることが多いといいます。
病院の夢を見たときは、休息を心がけるといいでしょう。

病院の夢を見る心理的な背景とは?

病院は病気を治しに行くところ。それは夢占いでも同じで、避難する場所や隔離する場所という意味あいが強いです。
つまり、疲れやストレスから開放されたいという思いが病院の夢を見せるということですね。

病院で何をするかで細かい意味が変わってきます。しかし病院の夢を見たときは、心や身体が「リフレッシュしたい!」とうったえているサインだと覚えておきましょう。
自分でも気付かない疲れを教えてくれるかもしれません。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も病院の夢を見る場合、疲れていたり自由を求めているのかもしれません。辛そうなイメージのある病院の夢は、そのままあなたの心身の辛さを表しています。
いっぽうで、困っている事態が好転し、自由が訪れることを暗示する場合もあるのです。

基本的に凶夢が多い病院の夢ですが、何度も見るからと悲観しなくても大丈夫。
病院で何が行われていたかを紐解くことで、新たな一歩を踏み出す手がかりが見つかるはずです。

RELATED POST