夢占い

火の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】火は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

火の夢はエネルギーに満ち溢れることや、運気の上昇、モチベーションの上昇を暗示すると言われていますので、吉夢です。
火は、情熱的な出来事がスタートすることを意味しています。
この情熱的な出来事とは、恋愛かもしれませんし、生活の中で熱中できる趣味を見つけることができることかもしれません。
さらに、熱意をもって取り組める仕事がスタートするのかもしれませんが、何にせよ【エネルギー】【運気】【モチベーション】が上昇しますので、うまくいくことが多いとされます。
火は周囲との関係性の中で、エネルギーや運気、モチベーションが上昇しやすいと言われていますので、人間関係の変化も意識しておくべきです。
火はトラブルの発生なのではないかと心配される方が多いですが、運気が上昇する良い夢ですので安心してください。

火の夢を見る心理的な背景とは?

火の夢を見る時は、自信に満ち溢れていることが多いです。
新しいことへのチャレンジ意欲が高まり、元気いっぱいの生活を送っているはずです。
自分自身で何か行動をしたいと言う気持ちを持っているはずです。
これは、今の生活に対する不満があるというわけではありません。
今より良いことを望んでいるものの、心は安定している状態だといえます。
一時的な意欲になってしまわないよう、計画を立てるなどして現在のモチベーションの維持を考えると、さらにモチベーションが高まりやすい時期になっています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

火の夢を繰り返し見る場合には、【エネルギー】【運気】【モチベーション】が上昇していくことを意識しながらも、まだその力を発揮しきれていないことが予想されます。
そのためさらに、エネルギーに満ち溢れた状態となり、繰り返し火の夢を見ることになるのです。
一度はあきらめてしまった何かがある場合、それを再スタートさせたいという気持ちである場合もあります。
自分自身の声に耳を傾け、溢れているエネルギーをどこで使うのか向き合ってみることをおすすめします。

RELATED POST