夢占い

死ぬ夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】死ぬ夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

自分自身が死んでしまう夢を見たら、目覚めはあまりよくないケースが多いです。
朝から不吉な夢を見たとブルーな気持ちになる方も多いはずです。
しかし、死ぬ夢は悪い夢ではないと言われています。
自分自身が死ぬ夢は、【新しい自分に生まれ変わること】や【現状からの脱却】、【未来への希望】を意味しますので、吉夢なのです。
今の自分や生活から新しい生活が期待できると言われていますので、悪い意味はありませんので安心できます。
ただし、これは自分自身が死ぬ夢であり、別の誰かが死んでしまった場合には別の意味があると言われていますので注意するべきです。
この場合も悪い意味ではないため心配する必要はありません。

死ぬ夢を見る心理的な背景とは?

死ぬ夢を見る場合、現状へ不満があることを意味しています。
そのため【新しい自分へ生まれ変わる】ことや【現状からの脱却】、今ではない【未来の希望】が暗示されているというわけです。
その不満に対し、予測していたよりも良い状況へ向かうことが出来るはずです。
死ぬことへの不安感などは夢占いに影響を与えることがない要素ですが、死に至るまでに何をしていたのかによって、深層的な不満が分かるはずです。
時間に間に合わなかったことが死因に繋がる場合は、時間がない現状に不満を抱いている可能性があるとうことです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も繰り返し死ぬ夢を見るのは、新しい自分を望む者の最初の1歩が踏み出せないことに対して不安も感じている可能性があります。
その結果、【新しい自分へ生まれ変わる】ことや【現状からの脱却】、【未来の希望】を強く意識するあまり、繰り返し夢を見てしまうということです。
新しい自分へ生まれ変わるための努力を継続して行うようにしてください。
不遇な状況に対し、アプローチすることを強く望んでいるはずですので、対人関係の不安がある場合にも新しい関係が期待できますので、一歩踏み出すチャンスです。

RELATED POST