夢占い

火事の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】火事は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

火事の夢は破壊と再生、幸運が訪れることの暗示だと言われていますので、吉夢です。
破壊と聞くとどうしてもネガティブな印象を持ってしまいがちですが、そのあとに再生が待っていますので、現状打破などより良い方法へ生まれ変わるという意味です。
そしてこの破壊と再生の先には、幸運が訪れるというわけです。
具体的には、ずっと悩んでいたことが解決し良い方向に向かうと言った出来事や、仕事で成果が認められたり、さらには目標を達成する可能性もあります。
火事はあまり良いものではありませんので、起きた時に不安を感じる方も多いです。
しかし夢占いとしての火事の夢はこのように、良い方向へ進むことができるという意味がありますので、決して不吉な夢ではありませんので安心できます。

火事の夢を見る心理的な背景とは?

火事の夢は起きた時の気分が良いものとは言えないため、自分自身が気が付かないうちにマイナス的な思考に陥っているのではないかと悩む方も多いです。
しかし、火事の夢を見る方は、不真面目とは程遠く目標に向かってしっかりと足をすすめている場合がほとんどです。
現状に不満を抱いている方もいますが、より良い方向を目指したいと努力している状態の方もいます。
自分自身で行動したいという気持ちが強くあるはずです。
その気持ちが結果として現状打破や成果を認められることや、さらに目標の達成という分かりやすい形で現れます。
最期までしっかり気を抜かずに取り組むようにしてください。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し火事の夢を見てしまう場合は、現状打破に対してプレッシャーを感じていることが多いです。
成功したいという気持ちが高まり、空回りしている部分があると感じている方も多くいます。。
火事の夢は破壊と再生、そして幸運の訪れを暗示していますので、良い方向へ向かう可能性が高いものの、そこに焦りを感じてしまっては結果が遠のいてしまいます。
火事の夢を繰り返し見る場合、破壊と再生が行われることが自分自身でも分かり始め、今か今かとその瞬間を待ちわびていると言えます。
気持ちを落ち着かせ、コツコツと努力する初心の気持ちを忘れないよう身を引き締めるべきです。

RELATED POST