夢占い

浮気の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】浮気は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

浮気をしたり、されたりする夢は目覚めの悪いものですが、夢占いでも浮気は凶夢と言われています。
浮気は不安定であることや大きなトラブルの暗示です。
心が不安定になっている状態で、家族や恋人、また仕事での大きなトラブルが発生することを意味しているのです。
家族や恋人、また仕事での大きなトラブルと聞いて何か思い当たる節がある方は、その直感通りの出来事が起こる可能性があります。
反対に家族や恋人、また仕事での大きなトラブルと聞いて思い当たる節のない方は特に注意が必要で、予想をしていなかった大きなトラブルが起こる可能性があります。
浮気をされるのか浮気をするのかによっても状況は変化しますが、良くないことが起こると考えるべきです。
ただし心が不安定ではあるもののまだ実際に大きなトラブルが発生したわけではありませんので、思い当たる節がある場合は注意して生活することでトラブルを回避することが出来る可能性があります。
浮気の夢だから浮気されてしまうという意味ではありませんので注意するべきです。

浮気の夢を見る心理的な背景とは?

浮気の夢を見る方は、心の不安定さを実感しているはずです。
何か出来事があったわけでもないのに、なんとなく胸がざわつく感じがするという方が多くいます。
今後起こりうるトラブルを事前に感じ取っている方が多いです。
しかし、具体的にどういうトラブルが発生するのか、どういうトラブルに対して不安を感じているのかを正確に言える人は少ないです。
そのため漠然とした不安を感じている状態だと言うことが出来ます。
直感を信じることで、トラブルを回避できる可能性がありますので、過度に不安にならず冷静に行動すべきです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も浮気の夢を見てしまう方は、それだけ現在すでに心が不安定な状態になってしまっていると言えます。
普段から緊張しやすく、責任感の強いタイプなのではないでしょうか。
具体的に何が不安なのかどうか分からない場合が多く、そのためにより不安を感じてしまいやすい状態です。
トラブルを回避するためには、直感が大切になるのが浮気の夢です。
不安な気持ちがどこからくるのか、冷静に考えてみると良いとされています。
不安な気持ちに寄り添うイメージが大切です。

RELATED POST