夢占い

切る夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】切る夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いで切る夢は凶夢であり、基本的に【脱出】という意味をもっています。

まず、現在に面倒事や問題にはさまれて脱出しようとしていることを暗示しています。

なお、悩みは複数あることを示唆していて、多数の思惑に板挟みになっている状況を表しています。

そこから脱出して再出発したい願望が「何かを切る」夢として表現されているのです。

例えば、不倫や浮気、あるいは三角関係などの色恋事に対して嫌気が差していて、すべての関係を断ち切って自由になりたい状態を示します。

恋愛以外にも、両親が期待して自分に求めてくることと、会社の先輩や上司がくれたアドバイスに差異があり、そのどちらも選択できずに逃げ出したい状況にあることを暗示しています。

切る夢を見る心理的な背景とは?

おもに人間関係で、わずらわしいと感じていたり邪魔な人物がいて、自身の心に息苦しさがあることを表しています。

くわえて、兄妹喧嘩や他人の恋愛問題に巻き込まれていて、いまの環境から逃げ出したい思いがあることを示唆しています。

あるいは、自分が当事者である場合も多く、浮気などがバレて修羅場から脱出してしまいたい気持ちの暗示です。

どちらにしても、向き合う対象が一人でないことを示しているので、問題の解消に時間がかかる可能性が高いといえるでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

くりかえしに何度も同じ内容をみるのは、解決したい悩みに向き合い対処することに疲れていて、いっそのこと逃げ出したいという思いが高まっている暗示です。

なお、イメージとしては「切っても切っても細分化された問題がまた襲ってくる」ような感情を表し、問題解決に終りが見えずに諦めの心が出ている表れです。

そして、目先の問題にとらわれすぎて客観的にものごとを把握できていないことを警告するメッセージが夢から伝えられています。

具体的には、小さな問題1つ1つではなく、それぞれに繋がった大元となる原因があることを示していて、そこに目を向け対処しなさいという意味です。

そもそもの原因は環境そのものにあったり、自身の誤った固定概念である場合が多い傾向にありますので、一度見直してみる必要があるといえるでしょう。

RELATED POST