夢占い

亡くなった人の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】亡くなった人は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いで亡くなった人の夢は吉夢、あるいは吉兆を伝えるものです。基本的な意味は【好転】です。

まず、いま現在に自身の人生についての重要な選択や迷いがあることを暗示しています。

あるいは、自覚せずに重大な判断しようとしている可能性を示唆しています。

そして、亡くなった人が夢に出ることで、現状を好転させるヒントや、これから飛躍するために必要なことを伝えている可能性があります。

それは、意識して欲しい着眼点や考え方であったり、もっと自信をもつべき自分の才能を知らせてくれているのです。

あるいは、少しさきに起こる問題を事前に回避させるためにメッセージを伝達していることがあります。

その場合は、夢の亡くなった人が何を言っていたかを知れば、それがダイレクトに伝えたい内容である可能性が高いといえます。

亡くなった人の夢を見る心理的な背景とは?

まず、自分の将来について立ち止まって考えているような時や、戸惑いや迷いの心があって決断することを躊躇(ちゅうちょ)しているときに亡くなった人の夢を見る傾向にあります。

そして、夢を見たのは現在思考している内容が、この先にとても重要な意味をもってくることを伝えられているのです。

あるいは、日々を忙しく過ごしていることで、見逃している重要なことがあるときに亡くなった人が夢に現れて伝えている可能性があります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度もくりかえして同じ内容を見るときは、最大レベルの警告である可能性と、夢の人物が応援している可能性の2つ分かれます。

まず、夢の人物の雰囲気や印象が険しいものであったなら警告であることが多く、しかもこの場合の警告は身の危険を案じて発されていることがあり注意が必要です。

とはいえ、問題を回避するためのメッセージですので、夢で言われた言葉や伝わってきた意味があれば、それを元にトラブルを防ぐことが可能といえます。

一方で、夢のなかの表情や雰囲気が穏やかなどのポジティブな印象があれば、それは現実世界でいま努力していることを応援しているメッセージです。

つまり、夢の人物が、「その道を迷わずまっすぐに進みなさい」と背中を押してくれている状態を示しています。

この場合は、いま進行していることが才能が開花に結びつく可能性が高いことを教えているのです。

RELATED POST