夢占い

犬の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】犬の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

犬の夢は夢占いにおいては、そのほとんどが吉夢となります。基本的な犬の意味は【協力者・写し鏡・トラブルの予兆】です。

犬とヒトは大昔からゆかりのある存在で、ペットと飼い主の繋がりだけでは無く、食料を得るための協力者になったり、鋭い嗅覚を使い助けてくれる存在などとして関わりを持ってきました。

ビジネス上で付き合いがある人物や、クラスメイトの友達、そして身内の関係者が犬の夢として表れます。特に、自身にとって協力的な存在である可能性が高くなります。

夢を見たのが女性であれば、犬が男性を象徴していて、恋愛にまつわる事を暗示している場合があります。

その他にも、夢を見ている人の写し鏡として、自身の状況や思いが犬としてメッセージを伝えている事もあります。

夢の内容によって様々な意味を持ちますが、トラブルの予兆を知らせている場合も多いので、内容を把握することで安全な生活を守る事が可能になります。

犬の夢を見る心理的な背景とは?

自身に集まり慕う存在に対して、強く意識したり考える時間を持つなどをすることで犬の夢を見ることがあります。

女性が見た場合は、男性から癒やされたい欲求や、気になる異性の愛情を向けて欲しいという願望が表れています。

他にも、夢を見た人の写し鏡として犬に表れていて、助けてもらった誰かに恩返ししたい気持ちや、約束を守る為に筋を通し抜きたい気持ちが根強いなどの深層心理の表れでもあるのです。

少し考え方が凝り固まっていることを暗示していますので「それは本当に相手が望む事か」を改めて確認する時間が必要になります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

2回、3回と繰り返し同じ内容の夢を見る場合は、メッセージの強まりを強調しています。

ほとんどが吉夢ですが、犬の毛色やシチュエーション、感じた印象などによって暗示内容が違います。

トラブルの予兆を伝える夢を繰り返して見た時期は、ケアレスミスを回避するような対策を立てると効果的です。

立て続けに同様の夢を見る場合は、メッセージの意味をより意図的に汲み取って実生活に繋げていく事がより大切になります。

RELATED POST