夢占い

事故の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】事故の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて事故の夢は、そのほとんどが凶夢と伝えられています。事故の基本的な意味は【変身願望・予知夢の可能性・変化を待ち望む気持ち】です。

事故は、元のあるべき形状や性質を一変させてしまうような変化を起こす事象です。

「変化を待ち望む気持ち」が深層心理にあって、誰かに今の状況を変えて欲しいなどと強く願う気持ちで事故の夢として出てくることがあります。

自身にコンプレックスや不満があり、変わりたいと強く思うような変身願望が深層心理にある場合にも、夢に表れます。

他にも、まるで本当に体験したかのような鮮明で鮮烈に感じる夢であれば、予知夢の可能性を否定することができません。

もしも、そのようなハッキリとした夢を見たら油断のできない状況であると言えます。

多くある凶夢とは違って、内容によっては幸運を示すものも存在します。

事故の夢を見る心理的な背景とは?

自身に物足りなさを感じて不満を持っていたり、不安や過去の行動に後悔して落ち込んでいるような時期に事故の夢を見るようになります。

自らのモノサシを頼りに考え込みがちな状況で重要になるのは客観的な意見です。一人で考え込まずに信頼できる人に相談することが効果的になります。

事故の夢を見た場合は、忙しさの中で立ち止まり考えたいという深層心理が夢に表れています。

職場や学校を変えて違う人生を歩みたいと心の奥で望んでいる時も、事故の夢を見るようになります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も同じ「事故の夢」を見る場合は、夢から発するメッセージがより強まっている表れです。

基本的に凶夢が多いので、そのメッセージを的確に受け取り改善することで、事故の夢を見なくなるようになります。

他にも、実際に事故に合って衝撃的な体験を過去にしている場合は、体験が染み付いて事故の夢として表れるケースもあります。

まるで体験しているようなリアルな事故の夢を、繰り返し見る場合は、強い警告を暗示している予知夢の可能性がありますので、より注意が必要です。

RELATED POST