夢占い

地震の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】地震の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて地震の夢は、吉夢と凶夢どちらにもなり得る特殊な夢です。地震の夢の基本的な意味は【衝突する心・変化】です。

地震の夢は、最近まで順調だったものごとが急なトラブルで崩されてしまったり、その逆に悪かった流れが激変して良い状況を迎える暗示があります。

つまり地震の夢だから凶夢、あるいは吉夢とは限らないということです。

地震の夢は「変化」を意味していて、生活環境や人間関係、あるいは価値観などを大きく揺さぶるような出来事が起きることを暗示しています。

その変化によって、人間関係に亀裂が入ったり衝突が起きることを表しているのです。

他にも、思春期や更年期、あるいは老年期における唐突な心と体の変化の予兆として地震の夢を見ることがあります。

地震の夢を見る心理的な背景とは?

安全や将来に対して不安をかかえていたり、怒りの感情や恐怖感を持って生活していると地震の夢を見るようになります。

夢の中での地震が大きく揺れたほど、強く揺れる心模様を夢に写している状態ですので、精神的なケアに注視するタイミングだと言えます。

安全や将来に対しての不安を解消する為には、家庭環境の影響も大きくに左右されるので難しいかもしれませんが、できることから実行する意識が大切です。

怒りや恐怖感は、対象と距離をとってみたり、思い切った気分転換をはかることが運気の好転に繋がります。

地震の夢は、現状が大きく変化する暗示ですので、待つだけではなく新しい行動も運気を呼び込みます。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も同じ「地震の夢」を見る場合は、変化の時期が近づいているというメッセージがより強まって伝えられています。

何事も順調に進んでおり、精神的にも安定しているのに何度も地震の夢を見る場合は、実は周囲の人間に良く思われていない可能性があります。

周囲の不満や嫉妬、あるいは怒りの感情が知らないうちに高まっいて、ある日、唐突にトラブルやショックな出来事が起きる暗示があります。

夢占いを通して見てみると、何度も同じ夢を見るというのは警告と同時に「対策すれば最悪は免れる」という暗示が含まれています。

人間関係の見直しが必要ですので、この時期は「聞き役にまわる」ことを意識して、相手の本音をしっかりと聞き出せるような関係づくりが大切になります。

RELATED POST