夢占い

お金の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】お金の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いでお金の夢は基本的には凶夢で、内容とは逆の意味を表す逆夢が多いという特徴があります。

基本的な意味は【逆境・欲求の表れ・生命力・能力開発のチャンス】です。

この先起きるであろう逆境を暗示していたり、何かを失うことを知らせています。

警告のメッセージも含まれていますので、まだ情景を思い出せる場合は、そこから対策のヒントを発見する可能性があります。

金銭が出てくる夢は、今現在で必要性を感じているものを表します。「精神的な安定・権力・愛情・豊かさ・才能」などがそれにあたります。

夢の中に出てきた金額の大小と、欲求の度合いは比例する傾向にありますので、高額であるほど強い欲求を表しているのです。

他にも、生命力を暗示していて、金額が大きいほど現在の生命エネルギーの充実を表しています。

お金の夢を見る心理的な背景とは?

愛情への欲求が高まっていると夢の中に紙幣や硬化として表れます。「愛というもの」に対してネガティブな印象が深層心理にある場合も、夢に金銭が登場します。

夢で残額が減っている場合は、心の癒やしに目を向ける時かもしれません。逆に、額が増えるような夢を見たならば、愛情を感じる出来事が起きる暗示となります。

他にも、「富を築きたい」とか宝くじを買った直後などのような欲求の強い心理状態の時に、夢に紙幣や硬化としてダイレクトに表れる事もあります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し同じ夢を見る場合は、警告のメッセージがより強調されている表れになります。

逆境に陥る暗示が強まっているので注意が必要です。体調面に注視してケアする事が重要なタイミングとなります。

他にも、いま現在で欲望に飲み込まれそうになっている暗示もあって、このままの調子では「大切なものを失う」かもしれないと夢が警告して教えてくれているのです。

ポイントは「何も無い、何もしない空間」を持つことです。休暇をとって静かな場所へ訪れてみたり、瞑想やヨガをすることで運気の下降を抑えることができます。

RELATED POST