夢占い

結婚の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】結婚の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「結婚の夢は」願望を表すものを中心として、吉夢が多くなります。

基本的な意味は【関係の変化・独立と責任・バランスと成長】となり恋愛やメンタル面を軸にしたものが多くなります。

恋愛に関しての人間関係が良い方向に変化する吉兆を表しています。とくに、夢で見ず知らずの人物と結婚していたら恋愛以外の運気も上昇している暗示です。

具体的には、求めていたものが予期せぬ形で手に入ったり、やたらに良いお誘いの連絡が集中したり、気になる人と急接近してお付き合いに発展したりなどです。

一方で、夢の相手が現に付き合っている人ならば逆夢を意味していますので、現実には二人の仲を乱すような出来事が起きやすくなっている暗示が出ています。

他にも「結婚の夢」は、独立したい気持ちから責任を伴うような決断をして社会的な発展を遂げる可能性を暗示しています。

許容や折り合いをすることで、バランス感覚をもってメンタル面での成長を期待できる時期ですので、何をやっても上手くいきやすい運気の表れとなります。

結婚の夢を見る心理的な背景とは?

交際相手の居るいないに関係なく、幸せな家庭に夢や憧れをもっている人は結婚の夢を見る傾向が強くなっていて焦りや不安の気持ちも表れています。

今の状態は、「相手に気づいて欲しい」とか「進展させたい気持ち」が強くなりがちですので、焦りから相手を逃してしまわないように注意が必要です。

「それとなく聞きたい話しへ誘導する」ことが大切です。例えば、結婚がテーマになっているドラマや映画などを一緒に観て感想を聞いてみるなどが有効です。

結婚の夢を見たら他にも、単に性的な欲求の高まりを暗示している場合もあります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し同じ夢を見る場合は、結婚願望の高まりの表れであることが多いです。次々に、同世代の友人がゴールインした話を耳にするケースも同じ夢を見やすくなります。

夢の相手が知らない人の場合は、実際に付き合っている相手と別れ話に発展しやすい時期であることを警告しています。

このような時は、早急に答えを出すと失敗しやすいので、相手との「程良い距離」を意識して摩擦を最小限におさえつつ「運気の波」を待つ事が肝要です。

RELATED POST