夢占い

殺す夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】殺す夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いで「殺す夢」は、そのほとんどが吉夢です。基本的な意味は【解決・事態の好転・気力充分】を表します。

夢で殺した相手との関係改善や、対人全般においての問題が解決されると暗示されています。

とくに、人間関係の問題解消を機に、現環境がより良くなっていくことを意味していて吉兆を示しています。

さらに、最近とっている積極的な行動や前向きな努力によって事態の好転が起きることを夢が伝えています。

そのほかでは、望みの叶いやすい運気の波の予兆でもあり、夢で血を見たなら夢占いで金運の上昇を意味していているので、期待値の高い夢と言えるでしょう。

対象を取り除く行為そのものの「殺す夢」は、成長したい、あるいは変わりたい願望の表れの場合もあります。

殺す夢を見る心理的な背景とは?

自己の弱点を克服して消滅させたいと強く願う場合に殺す夢を見るようになります。気力充分でエネルギーが高まっている状態でもあるので、行動のタイミングとしては良い時期となります。

自身について以外でも、他人との関係や、今の環境について、全く別のものへ再生させたいような心理が表れていることもあります。

どちらにしても、夢を見たいまは、変化を求めたアクションを起こせば運気が高まりやすく事態の好転がおきる予兆が出ています。

反対に、メンタルの疲れから殺す夢を見ることもあります。その場合は、解決したい悩みをかかえていて起きる不安な深層心理の表れとなります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し殺す夢を見るのは、大きな変化を望む気持ちが非常に高まっていることを表しています。解決すべき問題から目をそらすことは難しい状態といえます。

むしろ、気力充分で努力が実りやすい予兆が出ているので目標に目をむけて行動することが吉となります。

他にも、夢を繰り返すメッセージには「問題の相手との関係が大きく改善される」ことを暗示している場合があります。

あるいは、日頃溜まったメンタル的な疲れが、ピークに到達しようとしていることを伝える警告夢の可能性を象徴しています。物事に対する見方が狭くなっている表れです。

この場合は、気分転換をはかることが優先されるポイントになります。現状のままで挑むのは、かえって遠回りになると肝に銘じリフレッシュするべき時なのです。

RELATED POST