夢占い

友達(友人)の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】友達(友人)の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いで友達(友人)の夢は吉夢や凶兆、さらに、警告夢を含む混合夢です。基本的な意味は【あなたを映す鏡】です。

夢の中の友達の状態や置かれてる状況が、自身の鏡として映し出されています。現在や未来の自分の姿を暗示していますので、実生活に当てはめて考えやすい夢といえます。

友人が財産を築く夢ならば、強烈な金運の上昇の現れで、友人が何かを達成したならば自分自身も実生活で成功を勝ち取る可能性があることを暗示しているのです。

反対に、友達が何か不幸に陥るようなら凶兆ですので注意が必要です。不運が続いたり、なぜか邪魔が入るなどの状況が起きやすくなります。

夢の中の友人が異性であれば、その相手に対して恋愛感情をいだいたり恋人になる暗示を秘めています。見ず知らずの異性であっても吉夢です。

夢の中の人物が単に、その人そのものを表していることもあります。

友達(友人)の夢を見る心理的な背景とは?

夢に出たのが、古い友人だったり子供の頃の友達だった場合は、現在の人間関係において、どこか晴れない気持ちをかかえて不満を感じていることが暗示されています。

以前は上手くできたはずのことが、今の環境では活かせずに周辺の人々に対して疑心暗鬼になっている心理が表れています。

過去にとらわれずに、周囲へ理解を示す姿勢が必要と夢から伝えられています。夢の情景を思い出せば潜在意識が伝えるヒントに気づけるかもしれません。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

同じ夢を繰り返しみる場合は、吉夢であれば更なる運気の高まりの表れで、幸運への期待度が上昇しています。反対に凶夢であれば運が更に低下していることを暗示しています。

夢の基本の意味は【あなたを映す鏡】ですが、未来の暗示も含まれますので、もしも警告夢を繰り返す場合は、発されるメッセージにいち早く気づかなければいけません。

実生活では警告夢を正夢にしないような振る舞いや、正しい選択をすることが肝要となります。

RELATED POST