夢占い

空の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】空の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いで「空の夢」は吉凶さまざまな運気を占いますが、シンプルなメッセージが多い特徴があります。基本的な意味は【探究心・心模様・自由への憧れ】です。

空模様は心模様と言われるように、夢でみた空の様子は自身を写す鏡のごとく、現在からこの先の未来を表しています。

空は果てしなくて、予想不可能に人間に影響を及ぼす自然の象徴として広く認識されています。

展開の読めない天候は、ミステリアスであるとも言え、「探究心」の表れとして占われます。自分の可能性や少し先の将来を、その景色として伝えているのです。

空は自由への憧れを象徴していて、将来に対して望んでいる環境や、自身が憧れる大きな存在などを意味しています。

空の夢を見る心理的な背景とは?

現状で抜け出したい問題をかかえている場合や、自分の可能性を感じながらも不満を感じている時に空の夢として表れます。

解放されたい気持ちが出ていて、本来望む状態では無いと深層心理で感じていることが暗示されているのです。

夢の中の、空の印象が良いなら吉夢で今現在の心理状態が良く澄み渡っていることが表されています。この先も充実した心持ちで過ごせることを暗示しています。

逆に印象の悪い空なら、晴れない心模様の表れです。近い未来に気分を害するようなことが起きることを示唆する警告夢である可能性があります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し同じ夢を見るのは、理想に向かいたいという溢れそうな欲求が暗示されています。自分の可能性を追求してみたいという探究心が強く表れています。

自由を求める気持ちも我慢できないほどに高まっていると暗示されます。今の自分を縛るような問題があって、解放を望む心理が表れているのです。

印象の悪い空の夢を繰り返す場合は、メンタルに疲れがみえますので「心に目をむけて癒やす時間をとるべき」というメッセージが含まれています。

あるいは、すぐ先で心境を荒らされる事態が起きるので「注意が必要」という警告を強く伝えられている可能性があります。

RELATED POST