夢占い

風の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】風は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢の中に出てくる風は「環境」を意味しています。「周囲で起きている変化」を観察して感じ取ろうとしている心理状態でしょう。環境にアンテナを張って、身の回りで起こっていることを察知しようとしています。
風の夢は吉夢と凶夢のどちらにもなります。周囲の変化の兆しでもあるので、良くも悪くも環境が変わっていることを示しています。心地よい風であれば順調な変化・心地よい風の場合にはトラブルの兆しになるでしょう。
吹いてくる風は、現在の気分にも関係しています。夢は自分の内面が環境になって現れる場合もあるので、心の中で変化が起きているメッセージの場合もあります。または現実の環境が変化している事を察知した、無意識からのメッセージです。

風の夢を見る心理的な背景とは?

風の夢を見る時の心理は、環境の変化をとらえようとしていつも以上に意識が周囲(外側)に向いている状態です。周囲の変化に意識が向いているというのは、事態の好転またはトラブルの予兆を示します。
環境が変化してきているため、無意識が変化に対応しようとしているのですが、どのように変わるのかは夢の中で吹いている風の心地良さによって違います。トラブルを順調に好転させるには環境の変化を観察してみるのが大切です。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

風の夢を繰り返し見るのは、環境の変化に敏感になっているからでしょう。細かい変化にも気づけるように、長いあいだ周囲にアンテナを張っている状態です。強く影響を与えあう人との出会いの予兆でもあります。
または元々の性格が環境の変化に敏感で、ちょっとした兆しにもいち早く気づくタイプのことがあります。環境の変化に敏感な人は、風の夢を見るのは珍しいことではありません。いずれにしても、変化の兆しに気づいてほしいというメッセージになります。

RELATED POST