夢占い

殺される夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】殺される夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

殺される夢を見るとショッキングで驚きますし、悪い事が起こりそうな気になります。しかし悪い夢は逆夢と言われているように、殺される夢は事態の好転を示しています。新しい自分に生まれ変わる意味も含まれています。
生々しくて怖い夢であればあるほど吉夢で、精神状態は良くなります。リアルな感じの悪い夢は目が覚めても嫌な感じが残りますが、そういったものほどより状態が好転してく予兆です。
精神状態は悪い夢を見たことで改善されます。ずっと身体の中に残っていた悪いものを外に吐き出すようなイメージでしょう。煩わしいものと決別して、問題が解決する結果になります。今まで抱えてきた問題が解消したり、努力の結果壁を乗り越えて次のステージに進むことができます。

殺される夢を見る心理的な背景とは?

殺される夢は新しい自分に生まれ変わりたいと強く願っている精神状態を示しています。内面が急激に変化する予兆で、それは次のステップに進むための準備でもあります。課題を乗り越えたい・成長したいという気持ちが強く、周囲の反対があっても意志を通そうとします。
無意識が強い意志で次のステージに進もうとしているので、気力が湧いている精神状態にもなるでしょう。現在の自分を失って新しくなるイメージを夢でロールプレイしています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

殺される夢を何度も繰り返して見るのも吉夢です。新しい自分に生まれ変わる兆しが多く隠れていて、殺される夢を見るたびに幸運な出来事が立て続けに起こります。今まで努力してきたことが一気に実を結んでいる状態です。
新しい自分に生まれ変わることを何度も繰り返しているので、短期間で一気に才能が開花したり、魅力的な人間に成長することができるでしょう。ずっと願っていたことが叶うなど、たくさんの幸運が待っています。

RELATED POST