夢占い

泣く夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】泣く夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「泣く夢」は、吉を表すものが多い特徴があります。そして、基本的な意味は【吉兆】となります。

夢の中であえて「泣く」という行動をとって見せるのは、潜在意識が自身をメンテナンスすることで、良い状態にもっていけるよう手伝っていることを表しています。

実際に泣くことでスッキリすることも多いですが、夢においても、心のわだかまりやウップンを晴らしてくれる効果をもち、心や魂を洗っている表れです。

メンタル面に限らず、体調面までも回復していく可能性も示唆していて、現在かかえる悩みから解放される兆しを見せています。

このように、夢で泣くことでストレス解消を果たすことで、次に起こる幸運や好転する出来事への流れをスムーズにしているのです。

泣く夢を見る心理的な背景とは?

かかえている問題や、考えている悩みがあるときに心理の奥底でリフレッシュしたい願望があって泣く夢を見せます。

どこか落ち着かない不安定な心理状況や、緊張が続くような生活を送っている場合に見ることがありますが、夢を見た後に運気が回復されることが暗示されています。

実生活のおいて、泣くになけない環境や状況にある場合も夢を見ますが、その場合は本音で語れる相手の不足を示唆していて、潜在意識がそれを察知して解消させようとしているのです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し何度も同じ内容をみるのは、人生の転機となるような大きな幸運の訪れる時期が、目前に迫っていることを伝えている可能性があります。

夢を見た当人が驚くほどに、あらゆる問題が良い方向に動いていくことで、心身ともに充実していくことも表されています。

しかし、それとは反対に行き過ぎた我慢が抑えきれなくなっていることを警告として伝えている可能性も存在します。

思い当たる場合はストレス解消を優先する必要があるといえます。

RELATED POST