夢占い

葬儀の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】葬式は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「葬式の夢」は、そのほとんどが吉夢です。基本的な意味は【再出発】を表していて、あらゆる区切りに関連したものが多くなります。

いままで、順調にやってこれた人であっても自身について見つめ直す時期の到来を暗示しています。そして、自身を新たにすることで運気が開かれることを示唆しています。

過去において、現在まで引きずってきたようなものごとや、いままでのやり方を一新して再出発することで、喜ばしいような新展開が待っていることの表れです。

長く続けてきた仕事があるなら、初心に帰ってみたり、慣れて作業化していることを今いちど工夫の余地がないかを試行錯誤するとさらなる飛躍のきっかけとなるはずです。

恋愛に関しては、未婚であれば新たな出会いがあったり、既婚なら子宝に恵まれるなど、人生において大きな新展開があることを暗示している可能性があります。

葬式の夢を見る心理的な背景とは?

以前からかかえている問題があって、そこから抜け出したいなどの心理から葬式の夢を見ることがあります。

自身のトラウマもこれに当てはまり、心の疲れも見えていますが、運気が回復していく予兆がありますので、克服したり心新たにするには最適なタイミングといえるでしょう。

自身で「そろそろ自分を変えなきゃいけない」というような願望があることの表れの場合があります。その場合は、昔の自分に別れを告げるという意味で「葬式の夢」を潜在意識が見させています。

つまり、生まれ変わる気持ちで改めると良い運気の流れをつかむことができる暗示があって、夢が背中を押しているような状況の表れです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して同じ内容を見る場合は、「変わるべき時」というメッセージが相当に強まって夢から伝えられていることを暗示しています。

あるいは、深層心理で自身でも「再出発しなければいけない」と気づいていて、焦りや願望が極度に高まっていることを表している可能性があります。

どちらにしても、この時期に新展開をむかえることは吉となりますので、少し時間をとって人生について振り返ってみたり、価値観の見直しにあてることが有効でしょう。

他にも、夢があまりに鮮明だった場合は低確率ですが、正夢になる可能性も否定できません。あるいは、生死とは無関係に大事な人との別れを示している場合もあります。

RELATED POST