夢占い

病気の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】病気は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「病気の夢」は、警告夢を中心に凶夢も多い内容になります。基本的な意味は【運気の低迷・バランスの乱れ・孤独感の高まり】です。

運気の低迷は、夢を見た人自身でも気づいている可能性がありますが、夢にもそれが表れています。最近までしばらく、良いことがなかった人も多いはずです。

自身が望むことや、やりたいはずのことと、実際にとっている言動のバランスが乱れていることが暗示されています。

中にあるもの(思い)と、外に出したもの(とった行動)に違いがあると病気の夢を見ることがあります。

夢の印象によりますが、一人で闘病するような夢の多くは孤独感の高まりの表れです。対人関係において問題をかかえている可能性も示唆しています。

病気の夢を見る心理的な背景とは?

対人トラブルをかかえていて、気持ちを押し殺していたり、メンタルに疲れがあることで夢に表れている可能性があります。

トラブルをかかえていなくても、心の疲れや、体と気持ちとで調和がとれていないことの暗示があります。

いまの日常から逃げてしまいたい願望の表れもでていて、心の深層では誰かに助けて欲しいという気持ちも隠れていることを示唆しています。

多くは、自身のメンタルを落ち着かせてくことで運気の改善を望めます。最優先すべきは、リラックス状態をいかにつくっていくかという意識を持つことです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し同じ内容を見たら、それは積もりに積もったメンタルの疲弊がピークを迎えていて、それを警告して伝えている可能性が高いです。

その場合は、自分ひとりでどうにかしようとせずに、誰かに相談することがとても大切になります。

病気の夢を見るときは孤独感の高まりの表れであることも多いので、相談することで「一人である」という不安や寂しさも解消されるので有効といえます。

誰にも相談できない場合は、まずやると効果的なのが、自分の気持ちや言いたいことを紙に書くことです。

そのときに、意識すべき大事なことは「考えて書かない」ことと、「誰にも読まれない前提で書く」ことです。

RELATED POST