夢占い

空を飛ぶ夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】空を飛ぶ夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「空を飛ぶ夢」は、吉兆を知らせる吉夢が多いです。基本的な意味は【可能性】です。

新しい世界や、自由な環境への憧れを表していて、運気の上昇によりその可能性が高まっていることを暗示しています。

実際すでに何かにむけて計画を練っていたり挑戦している段階でも見る夢で、「出来なかったこと」が「出来ること」へ変化する兆しの表れとなっています。

他にも、秘めていた才能が花開く可能性や、自身にとって重要な鍵になる嬉しい知らせが訪れることも示唆していて、何かと行動すると上手くいきやすい運気です。

さらに夢で風を感じ心地よく飛んでいたら、大きな成長をつかみとるようなビッグチャンスが目前に迫っていることを暗示しています。

空を飛ぶ夢を見る心理的な背景とは?

勢いにのるように魂が熱くたぎっている状態を示唆していて、高みを目指すような心境や、何かに挑みたいような心理から夢を見ます。

いまの環境に満足せずに、自身にとっての「自由」を求める気持ちから空の夢を見ることがあって、それをつかむうえで生じる困難にも屈しない心理状態が暗示されています。

単に、現状から逃げ出してしまいたいという願望のみであっても夢を見ることがあります。この時期に新たな計画を立てることは吉となります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し同じ内容をみる場合は、周囲に対しての不満が蓄積している表れで「小さく窮屈な世界」との思いが深層心理にあることが暗示されています。

それと同時に、解決策へむけての意欲も高くなっていて意識が冴え渡っていることを表されています。

この時期にさらなる運気を呼び込むために、ノートに将来の設計を具体的に書き込むことや、無心で散歩をすることで新しい可能性に気づくことが示唆されています。

その他では、性的欲求の高まりを表していることがあります。夢に異性が登場するような場合は、さらにその高まりを伝えています。

RELATED POST