夢占い

月の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】月の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「月の夢」は、吉凶さまざまですが予兆を伝えるものが多い特徴があります。基本的な意味は【運気・愛・才能】です。

月は夢の中の様子や、感じた印象によって、運気を表しています。満月に向かっている月か、反対に欠けていくかによって財運や愛情運を伝えています。

そして、夢占いで月の夢はとくに女性にとって重要となりやすいメッセージが多く含まれる傾向にあります。愛に関わる様々なことを知らせている可能性を示唆しています。

運命的な出会いや、望んでいた妊娠の予兆であったり、未婚である場合は、遠くない未来に誰かと結ばれることを暗示している可能性を表しています。

男性であれば、財運につながる出来事が起きやすくなっていて、新たな才能の発見や、世間から評価をうける可能性の高まりを伝えています。

月の夢を見る心理的な背景とは?

愛情ある家庭への憧れや、人から「あたたかさ」を得たいような心理から夢をみることがあります。ロマンスを深層心理で期待している表れである場合もあります。

何かを思考したり、イマジネーションを多用する状況においても月の夢として表れることがって、この時期とても頭脳が冴えている様子も暗示しています。

「何気なく」というような、勘に頼って行動しても良い結果に結びつきやすい運気の流れの表れで、創作活動やアートに関するものごとにも力を発揮しやすい暗示があります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し同じ内容を見るばあいは、吉夢であれば幸運を、凶夢であれば不運の到来を夢が強調して伝えようとしている可能性があります。

繰り返す回数が多いほどに、重要性が高いことを表していますが、暗示されるメッセージをもとに実生活で対処することが可能であることを示唆しています。

そして、女性であれば、繰り返す内容によっては「女性にとっての幸運」の訪れを伝えていて、思っているよりも早い段階で幸せが来る表れとなります。

RELATED POST