夢占い

結婚式の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】結婚式は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「結婚式の夢」は、その多くが吉夢を表しています。基本的な意味は【統合する・関係の転機・自立心】です。

「不安や憧れ」「描いた未来と今」などのように、一見すると相反するような思いやあり方が、1つに統合することを暗示しています。

例えば、結婚に対する認識でも「緊張があったり不安もあるけど、式は一度あげてみたい」とか「幸せな家庭生活を思い描いていたけど、実際は甘くない」などの心理が当てはまります。

つまりは、諦めと希望を一組として受け入れることを表しているのです。結婚式の夢には、結婚に限らず、人間関係の転機という意味があります。

親友になるほど仲良くはないけれど、役に立ちそうという理由で友達でいたり、仕事上の関係で仕方なく付き合うなどの「本音と建前」を暗示しています。

結婚式の夢は自立心の表れでもあるので、自身の成長の兆しを伝える吉夢である場合が多いです。

結婚式の夢を見る心理的な背景とは?

未婚であれば、式への憧れの思いの強さから夢を見たり、すでに結婚している人であれば、過去と現在の違いに不満を感じている表れです。

異性に対して、人生のパートナーとなり得るかのテストをしているような気持ちが深層心理にある表れとして夢に出る場合があります。

結婚に対して興味の少ない人が夢を見た場合は、「大人」や「自立」を意識していることが表れています。成長する為の流れとして良い運気に恵まれる暗示があります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し同じ内容を見る場合は、いま現在に結婚したい気持ちで溢れている、あるいは式への憧れの強さを示唆しています。

他には、自身にとって大きなチャレンジを試そうとしていることを暗示していることがあります。恐怖心と向き合いながらも、前進したい意欲が高い表れです。

迷いがあるとしても、この時期に挑戦することは、自身にとって重要な経験になりやすい暗示があって、その先に待つ幸運に繋がる可能性があります。

RELATED POST