夢占い

洪水の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】洪水は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「洪水の夢」は、吉や凶の暗示から警告を伝えるものもある混合夢です。基本的な意味は【抑えられない気持ち・転機・解決】です。

夢占いで水はメンタルを表していて、それが溢れる洪水の夢は抑えられない気持ちを暗示しています。水量に比例して、溜め込んだ気持ちがどれだけあるのかを示唆しています。

洪水は、あらゆるものを洗い流すことから、占いでは状況が一変するような転機を暗示しています。良くも悪くも、リセットするか新しいステージに進むことを伝えています。

問題の壁をうちやぶることを表している場合もあって、現在かかえた悩みが解決する予兆である可能性があります。

他にも、実生活で上手くいっていないときに見た場合は、流れに変化が起きることを伝えていて、例えば、片思いの相手が振り向くような将来の恋に発展する可能性を秘めています。

洪水の夢を見る心理的な背景とは?

やる気に満ちているようなポジティブな気持ちの高まりがあると見たり、反対に、吐き出せないネガティブな気持ちが溜まっていると夢を見ます。

とくに、先行きに不安があると見る傾向があって、本音を誰にも話せていない状態が暗示されています。

さらには、できれば避けたいイベントの期日が迫っているなどの圧迫感や、周囲の目から逃げ出したい感情から夢に表れているケースもあります。

そのように、実際に迫っているものごとがない場合は、近いじきに、避けたい人物やものごとに関わるはめになることを暗示しています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し同じ内容を見る場合は、自身の潜在意識が伝えるメッセージや、夢が予兆する出来事が目前に迫っていることを暗示している場合があります。

大切な人に気づいて欲しい想いがあって、うまく表現できずに溢れ出しそうになっている状態を示している場合があります。

今まで関わりのあった人や、環境に変化の兆しが出ていますので、現状が悪い人であればあるほど好展開に反転していくことを示唆しています。

それ以外では、日々をあまりに忙しく過ごしているときに洪水の夢を繰り返す場合もあります。

RELATED POST