夢占い

喧嘩の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】喧嘩は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

喧嘩をする夢は、不運からの脱出の兆しが示されています。嫌な思いをしたり理不尽な出来事があったりすると、よく見る夢になるでしょう。人間関係の問題を解決したいという強い気持ちが隠れています。
喧嘩をする夢は目が覚めてもしばらく嫌な気持ちが続きますし、縁起が良い感じは全くありません。しかし逆夢になりますので、激しい喧嘩の夢ほど幸運が待っています。ちょっとした不運は跳ね返せるくらいの強い気力が内面から湧いてきています。
現実で人間関係のトラブルが起きそうな夢ですがそれも違います。精神状態は非常に良く前向きな行動をしますので、むしろ好感度がアップして人間関係は良くなります。嫌なことが起きても解決できる、知性や精神的な強さを持てるでしょう。

喧嘩の夢を見る心理的な背景とは?

喧嘩をする夢を見ると少し不安になることがあるかも知れません。しかしそれは心配する必要がないことで、現実には落ち着いてに振る舞えるようになります。正義感が強くなって理不尽なことが許せないという思いも生まれます。その上で誰も傷つけずに解決できる能力が身に付くでしょう。
揉め事を起こしたり喧嘩をしている人のあいだに入って、場を収める立場になります。またトラブルを解決できるスキルが高まることを示唆しています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

喧嘩する夢を繰り返し見る場合には、客観的に物事を見る能力が高くなっている意味があります。以前なら感情的になってしまったことも、冷静に判断して解決できるでしょう。人間関係を大切にしている精神状態の現れでもあります。
心無い言葉を言われたり、不本意な対応を受けても、相手の心情を把握しつつバランスの取れた振る舞いができるようになります。前向きな姿勢を崩さない様子を見て、信頼を寄せてくれたり助けてくれる人が現れる予兆でもあります。

RELATED POST