夢占い

自分の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】自分は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢に自分自身が出てくる時は、過去にやりたくてもできなかったことを示しています。自分の行動や言葉遣いを客観的に知ろうとしている時期で、理想的な自分の姿と現実とのギャップを感じている時にもよく自分の夢を見ます。
夢の中に自分が出てくるのは吉夢の時と凶夢の時があります。自分の問題点を意識している時によく見る夢なのですが、成長するためのチャンスにできれば吉夢ですし、悪いことが起きる予兆と思えば凶夢になるでしょう。
身勝手な振る舞いをしたり、わがままで自分らしくない言動をしてしまって後悔したことがありませんか?自分自身が出てくる夢は、「自己中心的な振る舞いはしたくない」という無意識からのメッセージなのです。

自分の夢を見る心理的な背景とは?

夢の中に自分自身が出てくるのは、自分の中にある理想的な姿や振る舞いをロールプレイしているからです。ちょっとしたことで相手に嫌な思いをさせてしまったり、思いやりを持てなかった時に、理想に近いあとひとりの自分が夢の中に登場するわけです。
これは逆に考えると、理想的な人自分自身の姿がイメージできているということにもなります。夢での自分の振る舞いとは関係ない事柄に、理想的な自分になるためのヒントが隠されているでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

自分自身が出てくる夢を繰り返し見るのは、向上心がアップしているからです。目標に向かって努力をしていたり、自分が持っている問題を解決して成長したいと思っています。別の自分になりたいという願望が隠れている時もあります。
これはより魅力的な人間に成長したいという願望の現れなので、必ずしも凶夢ではありません。成熟したい・大人になりたりという意思の現れなので、課題を解決したい気持ちが強く、やる気が高まっている状態と言えるでしょう。

RELATED POST