夢占い

財布の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】財布の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいての「財布の夢」は、状況により吉凶さまざまありますが、金運に限っては逆夢になります。基本的な意味は【パワーの上昇・低下】です。

財布の夢は、現時点に所持しているお金や、未来で手に入る財産、そしてそれに関わる人間関係を表します。

このような金運に関しては、夢で収入がプラスされた場合は現実には凶夢になるというふうに逆のメッセージになります。

財布といえば紙幣や硬貨などを浮かべるのが一般的ですが、夢占いでは他にも、【パワーの上昇・低下】を意味していることも多いです。

愛にまつわる恋愛運や、体力やメンタル面の暗示もあって、その場合は夢でお金を得るシチュエーションは基本的に吉夢となります。

財布の夢を見る心理的な背景とは?

単純に普段から家計のやりくりなどで収入面に不安があったり、頑張っているのに給与が上がらない不満などがあると財布の夢を見ることがあります。

極最近に、良いチャンスの巡り合わせがあって報酬のアップを望めるような心境においても財布が夢に出てきます。

それ以外には、パワーが充実していてエネルギッシュに活動できている時期や、「不思議とモテる」などと感じている場合に夢を見ることがあります。

人生においては欠かすことができないお金と、直結したイメージのある財布は生命の力であると深層心理で認識されるので、エネルギーや恋愛運をも映し出すのです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して同じ夢を見る場合は、夢からの予兆のメッセージがとても強くなっていることの表れとなります。

吉夢であれば、この先に大きな富を得ることになるのでその準備に集中する必要性があるという暗示になり、逆に凶夢であれば早急に構えが必要というメッセージになります。

防犯について見直してみたり、誰かに大きな金額を貸してしまう事態などにも注意しなさいと伝えられているのです。

他にも、パワーの上昇が続いていると潜在意識を通じて、未開のジャンルの開拓や新しい人間関係の構築なども吉となります。

RELATED POST