夢占い

殺人の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】殺人の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「殺人の夢」は、多くは吉夢となります。基本的な意味は【好転・溢れる力・血走る瞳】です。

夢で自分が殺人をした場合は、問題を解決して好転していくことが暗示されている吉夢です。ある種、新たな自分に変身できたかのように成長を遂げる表れです。

もしくは、殺した相手と現実世界で、休息に仲が深まったり、意外な縁に気づくような出来事が起きうる暗示となります。

殺人の夢を見たのは、エネルギーに満ちて溢れる力を象徴していて、感情や体力的にも充実して意欲的な状態であることを表しています。

エネルギーがあるからこそですが、勢い任せで短気になりがちで、感情的な様子を表す「血走る瞳」という意味があります。

殺人の夢を見る心理的な背景とは?

本心を出せない環境に、怒りの感情や破壊してしまいたくなるような欲求が高まっている可能性を示唆しています。

思い通りに力を発揮できない自分に苛立ちや焦りがあり、変えたい、変わりたいなどの願望が高まっている可能性を表しています。

自身の疲れた体やメンタルに気づくことが難しい状態である可能性が高いので、一度冷静になって、呼吸を整えるような時間をとる必要があるでしょう。

他にも、主に性欲などの欲求の高まりを暗示しています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して同じ夢を見る場合は、感情が爆発寸前であることや、欲求の限界が近いことを強く警告して知らせている表れとなります。

肉体的にも危険信号が出ているので、少々のコストは度外視してでも気分転換をはかり、心に平静を取り戻すことが最優先であると伝えられているのです。

それ以外にも、自分はもっとできるのに、それをさせてくれないような環境に対しての疑問が溜まり、行動を起こしたい衝動を必死に抑え込んでいると同じ夢を見るようになります。

行動を起こすには良いタイミングという暗示も出ているので、溢れる力を自身の発展のために使うことは吉となり、これまで努力した自身の魂も救われるでしょう。

RELATED POST