夢占い

動物の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】動物は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「動物の夢」は、感じた印象で吉凶わかれる夢です。基本的な意味は【自己の改善・他者の投影・憧れ】です。

動物は、自身の心の奥底の本性や、理性を取っ払いそこに残った野生の部分など、自分の本音を映し出す鏡として表れています。

その内容から、「自己の改善」につなげるようにという、夢からのメッセージや意味が込められています。

つぎに、自分以外の誰かやヒトという存在を動物として夢に映す、他者の投影という意味があります。その場合は、本性というよりは夢を見た自身がいただく相手の印象を表したものです。

さらに、夢に出た動物は憧れの姿を表していることがあって、こうありたいというような生き方や、未だ気づいていない自分の可能性を見せてくれるものです。

このように、知り合いやヒトというものに対しての自分の認識をかいま見ることができる夢でもありますが、多くは自身を表すものになります。

動物の夢を見る心理的な背景とは?

いまの自分や、周囲の生き方にたいして疑問をいだくというような、哲学的な考えをもった時期に見やすい内容となります。

もっとナチュラルで無理のない生き方を望んでいたり、深層心理では野性的な人に憧れがある場合も、動物の夢を見る傾向が強まります。

色々な種類の動物が夢に出た場合は、隠されたいくつもの可能性を見せて伝える夢です。新たな自分を発見したり、認識することで自己の改善に役立てることが可能になります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し同じ内容を見るのは、衝動的なエネルギーの高まりを暗示していることがあります。欲求不満の表れでもあり、上手くはけ口を見つけて解消する必要があるでしょう。

他にも、人間不信ぎみである場合も繰り返し同じ内容をみることがあります。他者をヒトではなく、動物の姿として出現させているのです。

他人に対して、残念な感情をもっていたり見下すような心理から動物として表れている可能性が高いです。

何度も見る場合は、変身願望の欲求が高まっていることを暗示しています。いまの自分に対して相当に嫌気がさしていることを示しています。

自己の改善をはかって良い方向にいきやすい運気の表れでもありますので、この時期の挑戦は吉となります。

RELATED POST