夢占い

噛まれる夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】噛まれる夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「噛まれる夢」は、そのほとんどが凶夢か警告夢となります。基本的な意味は【怯え・弱点・ひずみ】です。

誰にどのように、どれほど噛まれたかによって様々な意味を持ちますが、多くは、ある状況や人物などに対しての怯えていることを暗示しています。

「無条件に苦手な人物」のことを警戒していたり、目下の関係である後輩やライバルに出し抜かれると怯えていることを表しています。

他にも、体のどこを噛まれたのかによってコンプレックスを持つ場所、あるいは不安のある箇所を示唆している場合もあります。

そして、多くのネガティブな感情や、他人に対して納得いかないなどの、関係や心のひずみを象徴していてメンタルの疲れがたまっている可能性を暗示しています。

噛まれる夢を見る心理的な背景とは?

実際の日常で実際に攻撃された訳ではないのに、ある人に「距離をとりたい」「なんとなく関わりたくない」などの怯えた気持ちをいだいていることを暗示しています。

深層心理でライバル視していたり、気にしている人物がいる場合に、自信がもてず「見えないところで、差をつけられてしまう」と根拠のない怯えがある可能性を示唆しています。

その場合は、自信をもてるほどの努力が不足していることの表れですので、他のことが気にならないほど向き合うべきことに集中することで解消されるでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して同じ内容を見るのは、メンタルの疲れを暗示している可能性があります。苦手な誰かを意識するあまり小さな疲れが積もってきている表れです。

怯え以外にも、恐れる心や嫌悪感、あるいは孤独を感じる状態が続いていると、繰り返し夢を見る場合があります。リフレッシュするべきタイミングといえるでしょう。

その他、体の不調を訴える夢であるケースがありますので、噛まれた場所に思い当たる場合は診断を受けたり、特にそこをいたわるように意識する必要性を伝えられています。

RELATED POST