夢占い

猿の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】猿の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢に猿が出てきた場合には、「悪知恵」を意味しています。愚かな行動・浅知恵などを示している場合もあります。身近にいる人や自分自身の未熟な一面を意識している状態です。
猿の夢は警告夢になります。どちらかというと凶夢になりますが、自分や周囲の人の未熟な部分をきちんと捉えようと思っているので、悪い兆しは防ぐことができるでしょう。感情が悪化しないように、浅はかなものには巻き込まれないようにと、無意識がメッセージを出してきています。
猿の夢は人間関係で心配事を抱えていたり、意地悪な気持ちが生まれている時などにも見ます。心が不安な状態に傾きかけているので、心を乱されないように注意しながら冷静に現実を観察することが大切です。

猿の夢を見る心理的な背景とは?

愚かなことや悪知恵に巻き込まれそうな兆しがあります。人間関係や仕事面で不安があると、疑う必要のないことまで疑ってしまったりすることがありますが、猿の夢は警告夢として心に留めておくことで役立つでしょう。
猿の夢は悪知恵や人間関係のもめごとの兆しに気づいているということでもありますので、知らない間に悪い出来事に巻き込まれていたということはありません。きちんと正当なやり方で対処すれば状況の悪化を防げます。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

猿の夢を繰り返し見るのは、自分や身近な人の愚かな行為に悩んでいる状態です。自分自身の未熟な部分を意識していて、壁を越えられないことに苛立ちを感じている場合にも猿の夢を繰り返し見ます。
「本当ならこうしたい」という理想的な状態があるのになかなか上手くいかないという場合にも猿の夢を繰り返し見ます。そのため凶夢とは考えずに、冷静に周囲を観察しつつ、浅はかなやり方や悪知恵には巻き込まれないようにするのがベストでしょう。

RELATED POST